声・口調の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > の比喩 > 声・口調の比喩表現

声・口調の比喩を使った文章の一覧(765件)
あひるのように間断なく喋る
高樹 のぶ子 / 光抱く友よ amazon
窓のブラインドを風が鳴らすような、軽い言い方
高樹 のぶ子 / その細き道 (文春文庫 amazon
暗い中にすとんと自分を落とし込むような言い方
高樹 のぶ子 / その細き道 (文春文庫 amazon
喉に詰まったものを吐き出すように言う
南条 範夫 / いつかあなたが amazon
湿った絹糸のような優しい声
獅子 文六 / てんやわんや amazon
玉を転がすような笑い声
井上 靖 / 風林火山 amazon
死の世界のように永遠の沈黙に包まれる
光瀬 龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
トラクターのエンジンがかかったような笑い声
レイモンド チャンドラー / 湖中の女 amazon
赤頭巾の狼の声のような嗄(しゃが)れた声
小池 真理子 / やさしい夜の殺意 amazon
どこかの殿様かと疑われる鷹揚な言葉つき
芥川 龍之介 / 邪宗門 (1977年) amazon
変声期前の少年のように甘くて優しい声
松浦 理英子 / 親指Pの修業時代 上 amazon
のように優しい声
夏目漱石 / 坊っちゃん
貝がらをすり合わせるような奇妙な声で笑う
五木寛之 / CM稼業 【五木寛之ノベリスク】 amazon
のようにそよいでやまぬ女の舌
三島 由紀夫 / 午後の曳航 amazon
カキのように黙りこむ
開高 健 / 地球はグラスのふちを回る amazon
客席後方の壁に突き刺さるような鋭く透る掛け声
井上 ひさし / イサムよりよろしく amazon
鶏がわめき合っているような掛け声
飯田 栄彦 / 昔、そこに森があった amazon
火事場を見つけたように金切り声を上げる
現代の文学〈17〉安岡章太郎 amazon
風の向きが変わったように、ふっつりと話をやめる
小島 信夫 / アメリカン・スクール amazon
風が沸くようなひやかしの声があがる
高樹 のぶ子 / その細き道 (文春文庫 amazon
涼風のような楽観した言い方
本庄 陸男 / 石狩川〈上〉 amazon
鬼神も泣き出そうかという割れ鐘の大音声
飯田 栄彦 / 昔、そこに森があった amazon
声変わりの最中の、紙の破けるような
岩田 豊雄 / 獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 amazon
子供の歓声のように軽く明るい声
中沢 けい / 野ぶどうを摘む amazon
殺菌されたような清潔な喋りかた
松浦 理英子 / 親指Pの修業時代 上 amazon
笑い声が銀の弓弦が鳴るように胸を震わせる
光瀬 龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
棒杭のように押し黙る
徳永 直 / 太陽のない街 amazon
オフィスで使いたくない香水のように軽く乾いた声
レイモンド チャンドラー / 湖中の女 amazon
ミント・シャーベットみたいな
松浦 理英子 / 親指Pの修業時代 上 amazon
潤いのにじむ、涙に湿ったような
山本 周五郎 / やぶからし amazon
少女の、どこか危な気のある爽やかな声
干刈 あがた / ウホッホ探険隊 amazon
臨終間際の浪曲師のような掠れ声
永倉 万治 / 恋はあせらず―You Can’t Hurry Love amazon
金管楽器を思わせる輝きや張りのある声
五木寛之 / CM稼業 【五木寛之ノベリスク】 amazon
コントラバスのような太い声
徳永直 / 太陽のない街
水を吸いこんだ笛のように震える声
小池 真理子 / やさしい夜の殺意 amazon
クリスタル・グラスを打つような
大原 まり子 / イル&クラムジー物語 amazon
背骨から出すような
中上 健次 / 枯木灘 amazon
硝煙と血潮の中で兵隊を叱咤する鬼将軍のような
椎名 麟三 / 深夜の酒宴・美しい女 amazon
声が経文を読むように暗い
笹沢 左保 / 終りなき鬼気 amazon
声が感嘆符を打ったように浮かんで残る
庄野 潤三 / プールサイド小景・静物 amazon
声が紐のように絡み合う
遠藤 周作 / 沈黙 amazon
獲物めがけて飛ぶ矢のように声が放たれる
飯田 栄彦 / 昔、そこに森があった amazon
声をゴムバンドのように空中に弾き飛ばす
レイモンド チャンドラー / 湖中の女 amazon
秘密を打ち明けるように声をひそめる
落合 恵子 / センチメンタル・シティ amazon
子供の歓喜のような軽く明るい声
中沢 けい / 野ぶどうを摘む amazon
腰の折れた瓦斯(ガス)のような声を立てる
室生 犀星 / 舌を噛み切った女 (1957年) amazon
鳥がうたうような、まるみのある声音
司馬 遼太郎 / 最後の将軍―徳川慶喜 amazon
夜鳥の鳴くような嗄(しゃが)れた声
芥川 龍之介 / 邪宗門 (1977年) amazon
淋しい波音のような声の響き
吉本 ばなな / キッチン amazon
咽頭を使いつぶした旅芸人のようにつぶれた声
円地 文子 / 朱(あけ)を奪うもの amazon
のような低い声
檀 一雄 / リツ子・その愛 amazon
耳の中が綿飴でいっぱいになるような
松浦 理英子 / 親指Pの修業時代 上 amazon
声が芝居の役者のセリフのようによく通る
深沢 七郎 / 深沢七郎コレクション 流 amazon
おはじきほどの大きさの声
レイモンド チャンドラー / 湖中の女 amazon
ぴしりと語尾を折るような喋り方
五木寛之 / 私刑の夏 【五木寛之ノベリスク】 amazon
女どもが鵲(かささぎ)のようにべちゃくちゃさえずる
トルストイ / トルストイ民話集 人はなんで生きるか 他四篇 amazon
棺の蓋も開くかと思われるような絶叫
有吉佐和子 / 華岡青洲の妻 amazon
ささやきがハチの羽音のように舞い上がる
飯田 栄彦 / 昔、そこに森があった amazon
ひ、ひ、と猿のような笑い
大庭 みな子 / 三匹の蟹 amazon
歓呼の声が春の潮のどよめきのように起こる
阿久 悠 / 瀬戸内少年野球団〈上〉 amazon
唐辛子を舐めすぎたときのような嗄れ声
井上 ひさし / イサムよりよろしく amazon
厚い石壁のような沈黙
村上 春樹 / 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 amazon
空気が葛湯(くずゆ)のように重たくなってくる。こういう時は、何かしゃべった方がいい。
向田 邦子 / りんごの皮「思い出トランプ〈下〉 (大活字文庫)」に収録 amazon
砂袋のように重い沈黙
村上 春樹 / 1Q84 BOOK 2 amazon
竹の筒を吹いたように唸ったり
和田伝 / 和田伝全集 第2巻 amazon
吐き出すような怒号
徳永 直 / 太陽のない街 amazon
ふしぎに澄んだ、天上の音楽のようなお声
井上 靖 / 猟銃「猟銃・闘牛 (新潮文庫)」に収録 amazon
石膏のように無言だった。
曽野 綾子 / 遠来の客たち amazon
大洋のどん底から湧き出すような、重々しい沈黙
前田河広一郎 / 三等船室「現代日本文学大系 (59)」に収録 amazon
たたきつけるような口調
梅崎 春生 / 桜島 amazon
西洋人のラッパのような笑い声
岡本 かの子 / 河明かり amazon
猫の鳴き声のような言葉で
清水 義範 / 蕎麦ときしめん amazon
撲(なぐ)りつけるような口調
林 房雄 / 青年 (1964年) amazon
亡霊のように無言
堀田 善衛 / 鬼無鬼島 amazon
まるで楽器でも奏でるような
安岡 章太郎 / 海辺の光景 amazon
のような喝采
久米 正雄 / 競漕 amazon
のようにおし黙って
藤沢 周平 / 麦屋町昼下がり amazon
のように澄んだ涼しい声
有島 武郎 / 或る女 amazon
床の下から鳴き出した虫のような憐れな声
横光 利一 / 春は馬車に乗って amazon
涎(よだれ)を流すような唸り方
和田伝 / 沃土「和田伝全集 第2巻」に収録 amazon
破鐘(われがね)のような蛮声
井伏 鱒二 / さざなみ軍記 amazon
からだのありかとほとんどかかわりなく、闇の中にひろがりきって、闇そのものの呻きのようにふくらんでは引く。
古井 由吉 / 水「古井由吉自撰作品 2 水/櫛の火 (古井由吉自撰作品【全8巻】)」に収録 amazon
夏のそよ風のような優しい声
村上 龍 / 恋はいつも未知なもの amazon
二人とも手術を受けたあとのように黙りあっていた。
林 芙美子 / 骨「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
押しつぶすようなうめきを上げ
富田 常雄 / 姿三四郎〈上巻〉 amazon
ある種の鳥類のような笑い声
堀田 善衛 / 鬼無鬼島 amazon
のような低い声
室生 犀星 / 杏っ子 amazon
のような沈黙
葉山 嘉樹 / 海に生くる人々 amazon
絹糸のように細く澄んだ声
田宮 虎彦 / 絵本 (1951年) amazon
艶消のような柔かい沈黙
石坂 洋次郎 / 若い人 amazon
ねっとり吸い付いてくるような吉田の節回し
井上 友一郎 / 受胎「受胎―他二篇 (1956年) (角川文庫)」に収録 amazon
のように無言のまま
池谷 信三郎 / 橋 amazon
締められる鶏のような声で泣き出した。
村上 龍 / 卵「トパーズ (角川文庫)」に収録 amazon
ねこの毛をなでるような
室生 犀星 / 杏っ子 amazon
水底のような沈黙
片岡鉄平 / 綱の上の少女
声変りの最中の、紙の破けるような声を出した。
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
のような唸り声
林 房雄 / 青年 (1964年) amazon
拍手と怒号の波だ。
尾崎 士郎 / 人生劇場 青春篇 amazon
のような唸り声
林 房雄 / 青年 (1964年) amazon
人間の肉体そのものが響きへと鍛え上げられたような、重苦しくて艶やかな声だった。
古井 由吉 / 谷「古井由吉自撰作品 2 水/櫛の火 (古井由吉自撰作品【全8巻】)」に収録 amazon
潮の鳴るような歓呼のさけび
尾崎 士郎 / 人生劇場 青春篇 amazon
のような叫び声
林 房雄 / 青年 (1964年) amazon
息を抜かれたように黙っていた。
横光 利一 / 頭ならびに腹 amazon
傷ついた熊のように、いつまでも唸るほかはない
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
胸や腹に波の起伏のような烈しい呼吸を打たせ
石坂 洋次郎 / 山のかなたに (1954年) amazon
ぎあぎあ蛙のような声変りをつづけた。
室生 犀星 / あにいもうと「幼年時代・あにいもうと (1955年) (新潮文庫)」に収録 amazon
傷ついた牛のように叫ぶ
有島 武郎 / 或る女 amazon
化石したようにしんとして
小栗 風葉 / 深川女房 amazon
真新しい絹のこすれるような、細く掠れる
古井 由吉 / 狐「古井由吉自撰作品 2 水/櫛の火 (古井由吉自撰作品【全8巻】)」に収録 amazon
石でも喰ったように黙りこくって
岡本 かの子 / 鶴は病みき amazon
石で刻まれたみたいに黙ってる
石坂 洋次郎 / 若い人 amazon
喉を獣のように鳴らし
古井 由吉 / 水「古井由吉自撰作品 2 水/櫛の火 (古井由吉自撰作品【全8巻】)」に収録 amazon
棒杭のように押し黙っていた。
徳永 直 / 太陽のない街 amazon
熱にうかされた人のようにまくし立てて
高見 順 / 如何なる星の下に amazon
のように喘いで
室生 犀星 / 杏っ子 amazon
鳥の鳴くような叫び声
安岡 章太郎 / 海辺の光景 amazon
のような細い声
舟橋 聖一 / 顔師 amazon
小波のようにお喋りする。
小沼丹 / 椋鳥日記 amazon
のように黙っていました。
新美 南吉 / 牛をつないだ椿の木 amazon
こわれた楽器のような沈黙
安部 公房 / 他人の顔 amazon
凄惨(せいさん)な野獣のようなうなり声
平林 たい子 / 施療室にて「こういう女・施療室にて (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
釣師はいずれも木像のように黙っている
永井 荷風 / すみだ川「すみだ川・新橋夜話 他一篇 (岩波文庫)」に収録 amazon
数珠玉のようにつながって老婆の口からほとばしり出る意味の分らない言葉
竹西 寛子 / 少年の島「兵隊宿 (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
動物園のはっぴをきた男が、両手をアフリカゾウの耳のようにひろげて、さけんでいる
小出 正吾 / ジンタの音「小出正吾児童文学全集 (3)」に収録 amazon
杉村なんか放送局みたいにうるさい奴だし
平林彪吾 / 鶏飼いのコムミュニスト
のように黙っていた。
林 房雄 / 青年 (1964年) amazon
取引先に言うみたいに言う
岩井 恭平 / サマーウォーズ amazon
言葉は疲れ果て、地の底から湧いたよう
池井戸 潤「民王 (文春文庫)」に収録 amazon
機銃掃射のように発せられる質問
池井戸 潤「民王 (文春文庫)」に収録 amazon
壊れたスピーカーのように現場の凄惨さを克明に語り続けた。
横山 秀夫「クライマーズ・ハイ (文春文庫)」に収録 amazon
ガムでも嚙みながら喋っているような、異様に粘っこい声
横山 秀夫「クライマーズ・ハイ (文春文庫)」に収録 amazon
百メートルを全力疾走した後のように息が上がっている
横山 秀夫「クライマーズ・ハイ (文春文庫)」に収録 amazon
まるでボーリング・レーンの端からスプリットの7ピンと10ピンに話しかけられてるみたいだった。
村上 春樹 / 1973年のピンボール「1973年のピンボール (講談社文庫)」に収録 amazon
「はっ、馬鹿か……」  眉間に皺を寄せ呪詛のように呟く
羽田 圭介「ミート・ザ・ビート (文春文庫)」に収録 amazon
速射砲のような言葉の洪水
水道橋博士「藝人春秋 (文春文庫)」に収録 amazon
絹布の肌触りのような静かでやさしい語り口
水道橋博士「藝人春秋 (文春文庫)」に収録 amazon
一人で波のように切れ目なく喋った後
小川 洋子「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
部活動の練習内容が命じられるような軽々しさだった。
伊坂 幸太郎「陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)」に収録 amazon
車のギアが上がるように、どんどん口が滑らかになってくる。
伊坂 幸太郎「陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)」に収録 amazon
早口で、質問の矢によって、二十年以上付き合いのある友人を刺そうとしているかのよう
伊坂 幸太郎「陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)」に収録 amazon
居合抜きの稽古のような
夏目 漱石 / 坊っちゃん amazon
たった今土の底から立ち上がったようなくぐもった声
高樹 のぶ子 / その細き道 (文春文庫 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の感情を表す比喩表現
その他の感覚を表す比喩表現
その他の人物を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分