乗り物の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > の比喩 > 乗り物の比喩表現

乗り物の比喩を使った文章の一覧(298件)
棺桶みたいな電車
村上 春樹 / ノルウェイの森 下 amazon
手おいの猪のような、(客が)こぼれそうな鈴なりの汽車
小島 信夫 / 汽車の中「アメリカン・スクール (新潮文庫)」に収録 amazon
鮫が獲物をひと呑みするような派手な動きで車が走り出す
藤本 義一 / 標的野郎(ターゲット・ガイ) amazon
巨大な斧の断面のような船腹
三島 由紀夫 / 午後の曳航 amazon
黒い貝殻のように光る自動車の窓
三島 由紀夫 / 午後の曳航 amazon
坂道を風のように一気に駆けのぼるジープ
阿久 悠 / 瀬戸内少年野球団〈上〉 amazon
兜(かぶと)虫のように見える装甲車
高橋 和巳 / 我が心は石にあらず amazon
鉄のライオンのような機関車
尾辻 克彦 / 父が消えた amazon
汽笛が乳色の朝靄を縫うようにして長々と響きわたる
久間 十義 / ヤポニカ・タペストリー amazon
飴でからめられたような車の群れ
鷺沢 萠 / 大統領のクリスマス・ツリー amazon
トラックが獣のような底深い唸りをあげて出発を待っている
五木寛之 / 私刑の夏 【五木寛之ノベリスク】 amazon
船が氷をすべるように川を下って行く
吉川 英治 / 治郎吉格子-名作短篇集(一) amazon
青空に白い綿のように尾を引いているジェット機
マイ・シューヴァル / バルコニーの男 amazon
ホイールは鋳造されたばかりの銀貨みたいにまぶしく光っていた
村上 春樹 / 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 amazon
ヤゴのような形をした自衛隊の対潜哨戒機
村上 春樹 / ダンス・ダンス・ダンス(下) amazon
列車の爆音は電光のようなすさまじい色彩を放った。
檀 一雄 / 花筐「花筐・白雲悠々―檀一雄作品選 (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
白羽のような波を蹴って進む自分の船
長与 善郎 / 陸奥直次郎 (1950年) amazon
煙脂煙管(やにきせる)の如く、ぎっちり詰まって動けなくなった
里見 トン / 美事な醜聞「初舞台・彼岸花 里見トン作品選 (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
太鼓の内部のような船室
葉山 嘉樹 / 海に生くる人々 amazon
前方からジープがさッとそれ自体、一つの光線の束になって躍りかかるように走ってきた
井上 友一郎 / ハイネの月「日本の文学 64 井上友一郎」に収録 amazon
その怪物のような図体
葉山 嘉樹 / 海に生くる人々 amazon
(路面電車)電車の路面が、木琴の鉄板のように凸凹している。
林 芙美子 / 骨「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
温室のような船室
有島 武郎 / 或る女 amazon
(船室は)湯気のようにむんとする温かみ
前田河広一郎 / 三等船室「現代日本文学大系 (59)」に収録 amazon
タクシーは天道虫のように、ゆるい坂から山の手へのぼる。
永井 龍男 / 絵本「朝霧・青電車その他 (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
鈴なりに混んだ電車
嘉村 礒多 / 業苦 amazon
飛行機は蚊よりも脆く落ち
志賀 直哉 / 暗夜行路 amazon
列車が、尻をぶっ叩かれた馬のように、仕方なしにあえぎ始める
小島 信夫 / 汽車の中「新潮日本文学 54 小島信夫集 小島信夫集 抱擁家族 アメリカン・スクール 吃音学院 他」に収録 amazon
反古紙(ほごがみ)を貼りつけたような日本の漁船
前田河広一郎 / 三等船室「現代日本文学大系 (59)」に収録 amazon
小さな箱のような電車
佐多 稲子 / くれない amazon
パンダみたいな白黒のパトカー
あさの あつこ「ガールズ・ブルー (文春文庫)」に収録 amazon
巨大な棺桶のようなグレイハウンド・バス
村上春樹「風の歌を聴け (講談社文庫)」に収録 amazon
熟れすぎたトマトのようにつぶれてしまった筋肉
小川 洋子 / ドミトリイ「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
病人の歯軋りのようなレールの軋り
三島由紀夫 / 花ざかりの森 amazon
列車が尻をぶっ叩かれた馬のようにあえぐ
小島信夫 / 汽車の中「新潮日本文学 54 小島信夫集」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分