時間帯(朝・昼・夜)の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 風景の比喩 > 時間帯(朝・昼・夜)の比喩表現

時間帯(朝・昼・夜)の比喩を使った文章の一覧(154件)
無限の厚ぼったい海のような夜の底
加賀 乙彦 / フランドルの冬 amazon
永い絵巻のような
梶井 基次郎 / 檸檬・冬の日―他九篇 (岩波文庫 amazon
夜が死人のように静まりかえる
志賀 直哉 / 志賀直哉短篇集(剃刀) amazon
街がいやいやながらけだろうそうに目覚める
マイ・シューヴァル / バルコニーの男 amazon
煤を流したような夜の暗さ
芥川 竜之介 / 蜜柑 amazon
昏(く)れかかった灰色の空が、墨の滲みのような濃淡を去来させている
松本 清張 / 空白の意匠―松本清張短編全集〈10〉 amazon
裸で朝の光の中に立った。まるで充電しているみたいに
村上 春樹 / ダンス・ダンス・ダンス(下) amazon
夜も死人のように静まりかえった
志賀 直哉 / 剃刀「志賀直哉小説選〈1〉」に収録 amazon
海の断面のような月夜
横光 利一 / 花園の思想 amazon
遥か東南の雨もよいの夕空が一面、加賀の赤梅いろのように染まった
岡本 かの子 / 落城後の女「岡本かの子全集〈4〉 (ちくま文庫)」に収録 amazon
水に浮いたように星が出はじめた。
打木村治 / トルストイ・サロン
からだごと燃え立つような夕焼空
竹西 寛子 / 草原の歌「長城の風」に収録 amazon
銅(あかがね)を磨いたような朝日が、遠くの榎の大樹を染めていた。
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
軽金属のような朝陽が林や畑のうえに輝いていた。
開高 健 / パニック「パニック・裸の王様 (1960年) (新潮文庫)」に収録 amazon
夕陽が麦畑の上に赤い玉になって落ちて行く。
火野 葦平 / 麦と兵隊「土と兵隊・麦と兵隊 (新潮文庫)」に収録 amazon
のような夕日の光
芥川 龍之介 / 杜子春「蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)」に収録 amazon
夕陽の溜息のような光線が、屋根屋根を越えて、河の水面にきらきらと映る。
福永 武彦 / 飛ぶ男「廃市/飛ぶ男 (新潮文庫 草 115-3)」に収録 amazon
藍色の幕のような深い空
伊坂 幸太郎 / オーデュボンの祈り amazon
時刻は午前十時を回り、海に洗濯された太陽も、徐々に使い古されて黄ばんでゆく。
綿矢 りさ / 仲良くしようか「勝手にふるえてろ (文春文庫)」に収録 amazon
窓ガラスの向こうで給食室は、沼に沈むようにゆっくり、見えなくなろうとしていた。
小川 洋子 / 夕暮れの給食室と雨のプール「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
体の中に真っ赤な夕焼けを感じる
吉行淳之介 / 砂の上の植物群 amazon
夜の気配が血のような残照に染まる
光瀬龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の風景を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分