風の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 風景の比喩 > 風の比喩表現

風の比喩を使った文章の一覧(92件)
烈風が街路を大波のように吹き過ぎる
光瀬 龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
秋風のような涼しい空気が流れる
岩田 豊雄 / 獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 amazon
果実のようなふくらみを持った風
村上春樹 / めくらやなぎと眠る女 amazon
吹き下ろし舞い上がる風の手がシートを叩く
干刈 あがた / ウホッホ探険隊 amazon
風が赤い太陽を海に吹き落としそう
倉橋 由美子 / 倉橋由美子の怪奇掌篇 amazon
風の音が笑い声のようにたえまなく鳴る
高橋 和巳 / 我が心は石にあらず amazon
風が冷たい敷布のようにからだを包む
ジュール・ルナール / にんじん amazon
高原の水面を渡る風が頬を切るように冷たい
柴田 翔 / されどわれらが日々 amazon
氷の鞭のように風が吹き込む
獅子 文六 / てんやわんや amazon
風が鋭く冷えた針のように心を刺す
泉 優二 / さよならと言ってくれ amazon
女神の柔らかい舌に似た風
倉橋 由美子 / ポポイ amazon
烈しい笛の音のように、ヒュウヒュウと鳴る風の音
広津 和郎 / やもり「広津和郎全集〈第1巻〉小説 (1973年)」に収録 amazon
雨気をふくんだ叩きつけるような重たい風が崖の上から吹きおろしていた。
林 芙美子 / 骨「新潮日本文学 22 林芙美子集 放浪記・稲妻・浮雲・風琴と魚の町・清貧の書・泣虫小僧・牡蠣・晩菊・骨・下町」に収録 amazon
襟元には永劫の昔から人間を孤独で寂しいものだと自覚させて来たような夜風が吹いて
岡本 かの子 / 落城後の女「岡本かの子全集〈4〉 (ちくま文庫)」に収録 amazon
爽やかな夜風が波のように荒く吹き込み、よどんだ部屋の空気がすがすがしく交りあう。
林 芙美子 / 茶色の目「林芙美子全集〈第15巻〉茶色の目 (1952年)」に収録 amazon
微風が到るところで、彼女(高原)の柔らかい産毛のような若草と戯れ
立野 信之 / 軍隊病「軍隊病―兵士と農民に関する短篇集 (昭和4年) (日本プロレタリア作家叢書〈第5篇〉)」に収録 amazon
風にさからいながら、子供の走るかっこうが、海老のように見える。
林 芙美子 / ボルネオダイヤ「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の風景を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分