雰囲気・空気の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 感覚の比喩 > 雰囲気・空気の比喩表現

雰囲気・空気の比喩を使った文章の一覧(56件)
長らく人が立ち入っていない蔵のような陰鬱で黴(かび)臭い空気
七尾 与史 / 死亡フラグが立ちました! (宝島社文庫) amazon
空気が葛湯のように重たくなる
向田 邦子 / 思い出トランプ amazon
緊張が森の樹々のようにびっしりたちこめる
大江 健三郎 / 芽むしり仔撃ち amazon
家の空気が鉛のように重苦しい
内田 春菊 / ファザーファッカー amazon
大気が油のように重くよどむ
光瀬 龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
ほんの毛筋ほど離れた気配
永井 路子 / うたかたの amazon
闇の中に氷のような殺気が走る
光瀬 龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
彼が現われると有毒なガスのように暗鬱な空気が収容所に隈なく瀰漫(びまん)していった。
平林 たい子 / 大草原「日本の文学〈第48〉平林たい子,大原富枝 (1969年)地底の歌・秘密・桜・他 婉という女・大草原・他」に収録 amazon
空気が葛湯(くずゆ)のように重たくなってくる。こういう時は、何かしゃべった方がいい。
向田 邦子 / りんごの皮「思い出トランプ〈下〉 (大活字文庫)」に収録 amazon
若い豹の毛皮にでも包まれているような、精悍で優婉な肌触りの空気
岡本 かの子 / 落城後の女「岡本かの子全集〈4〉 (ちくま文庫)」に収録 amazon
さかなのいろをした空気
室生 犀星 / 杏っ子 amazon
家庭が枯れた畑のように感じられた。
岡本 かの子 / やがて五月に (1956年) amazon
睫(まつげ)が凍った時のあの感触の、ひいやりした家庭
井上 靖 / 猟銃「猟銃・闘牛 (新潮文庫)」に収録 amazon
金魚が水面で口をパクパクさせている状態だろう。酸素が足らないのだ。
あさの あつこ「ガールズ・ブルー (文春文庫)」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の感覚を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分