雨・霧の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 風景の比喩 > 雨・霧の比喩表現

雨・霧の比喩を使った文章の一覧(256件)
夜空が溶け落ちるように、雨が凄まじい響きを立てている
芥川 龍之介 / 地獄変・邪宗門・好色・薮の中 他七篇 amazon
すだれのように雨垂れが打っている
吉川 英治 / 治郎吉格子-名作短篇集(一) amazon
雨滴と見紛うばかりの大粒の霧が山を包む
畑 正憲 / 天然記念物の動物たち amazon
天界にある湖の底が抜けたような土砂降り
西木 正明 / 『幸福』行最終列車 amazon
雨が白い糸となって対岸の色を消す
中沢 けい / 野ぶどうを摘む amazon
罪人を打ちすえるごとく体の芯まで冷やす雨
大原 まり子 / イル&クラムジー物語 amazon
長い白髪のような
高橋 和巳 / 捨子物語 amazon
滝を覆すような大雨
泉 鏡花 / 高野聖 amazon
雨の銀糸が黒い幕面にかすれる
岡本 かの子 / 過去世 amazon
路地の暗がりから亡霊のようにふっと出現した女
阿部 昭 / 阿部昭集〈第4巻〉父と子の夜 無縁の生活 ほか amazon
絵の具のような灰色の霧が視界を閉ざす
加賀 乙彦 / フランドルの冬 amazon
のように濃くこめた霧
小林 多喜二 / 蟹工船 amazon
あくびが出るような
村上 春樹 / 1973年のピンボール amazon
小雨が私語するように降る
国木田 独歩 / 武蔵野 amazon
乱れた白髪のような秋の長雨
倉橋 由美子 / ポポイ amazon
靄は月光を吸いちょうど荒絹のようにぼんやりと照っていた。
檀 一雄 / 花筐「花筐―初期作品集 (1979年)」に収録 amazon
うすいこの頃の牛乳みたいな、朝もや
サトウ ハチロー / 青春風物詩「青春風物詩―ハチロー半生記 (1952年) (ユーモア小説全集〈第3〉)」に収録 amazon
太い針金のように光る雨の線
石坂 洋次郎 / 山のかなたに amazon
細引きのような太い雨
林 芙美子 / ボルネオダイヤ「林芙美子全集〈第11巻〉ボルネオダイヤ・あひびき (1952年)」に収録 amazon
硝子戸はまるでカアテンを吊したように雨で白く煙っている。
林 芙美子 / 女性神髄「林芙美子全集〈第6巻〉女性神髄・女の日記 (1952年)」に収録 amazon
破れた太鼓を敲くような侘しい音を立てて、雨が天幕の上に落ちて来る。
火野 葦平 / 麦と兵隊「土と兵隊・麦と兵隊 (新潮文庫)」に収録 amazon
氷を割るようなひどい雨の音が雨戸を叩いた。
林 芙美子 / 牡蠣「清貧の書・牡蠣 (1953年) (新潮文庫〈第536〉)」に収録 amazon
雨は湯煙をたてているような激しさで四囲が乳色に染まってくる
林 芙美子 / ボルネオダイヤ「林芙美子全集〈第11巻〉ボルネオダイヤ・あひびき (1952年)」に収録 amazon
白い葱をちぎって放るような
林 芙美子 / うず潮 (1964年) amazon
まるで草箒で雨戸を掃くように、ザッ、ザッと吹降りの音がした。
獅子 文六 / 胡椒息子「胡椒息子 (1953年) (角川文庫〈第668〉)」に収録 amazon
アズキ粒ほどもある大きな雨滴
石坂 洋次郎 / 山のかなたに amazon
窓ガラスを流星のようにつたう雨つぶ
吉本 ばなな / TUGUMI(つぐみ) amazon
霧の底に沈んで鋼鉄のように青ざめた町
ウィリアム・アイリッシュ / 黒いカーテン amazon
水底(みなそこ)のように初秋の夕霧が流れ渡る町々
水上 瀧太郎 / 山の手の子「俤 (百年文庫)」に収録 amazon
人家の灯火は雨に流れて、色硝子を砕いたような、光った水溜りの中へ、二人は膝をついた。
林 芙美子 / 軍歌「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
のような夕立
村上春樹「風の歌を聴け (講談社文庫)」に収録 amazon
雨で黒く濡れた門柱は荒野に立った2本の墓石のように見える。
村上春樹「風の歌を聴け (講談社文庫)」に収録 amazon
プールの表面は一面、雨粒が作り出す水模様のせいで、無数の小魚が餌を欲しがってうごめいているみたいに見える。
小川 洋子 / 夕暮れの給食室と雨のプール「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
硬い粉のような冷たい霧
大江 健三郎 / 芽むしり仔撃ち amazon
昆虫の羽音のような弱々しい雨音
小川洋子 / 冷めない紅茶(ダイヴィング・プール) amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の風景を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分