晴れ・曇りの比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 風景の比喩 > 晴れ・曇りの比喩表現

晴れ・曇りの比喩を使った文章の一覧(153件)
灰汁を掻き回したような夕立色の曇天
室生 犀星 / 室生犀星作品集〈第9巻〉汽車で逢った女,餓人伝 amazon
(雪の日の翌日)「お日様ニコニコ」の絵のように、白い屋根屋根の上に日がかがやく
安岡 章太郎 / 安岡章太郎全集〈5〉質屋の女房,家族団欒図 amazon
砂山が、まぶしい日のうずまきを頂いている
室生 犀星 / 室生犀星作品集〈第9巻〉汽車で逢った女,餓人伝 amazon
(夜霧)霧がたっぷりと月光を含み、羽二重のようにほの白く光っている
山手 樹一郎 / 山手樹一郎作品集〈第6巻〉久楽屋の娘 amazon
桃色真珠をばらまいたような暖かい光が広がる
林 京子 / やすらかに今はねむり給え amazon
裸で朝の光の中に立った。まるで充電しているみたいに
村上 春樹 / ダンス・ダンス・ダンス(下) amazon
空の底が突き抜けたような天気
夏目 漱石 / 坊っちゃん amazon
大地から立ちのぼる炎に似たかげろう
北 杜夫 / 谿間にて「新潮日本文学 61 北杜夫集―楡家の人びと・他」に収録 amazon
赤みがかったぎらぎらした太陽が白樺の雑木林を踊るように照らしている。
林 芙美子 / 松葉牡丹「林芙美子文庫〈〔第9〕〉松葉牡丹 (1950年)」に収録 amazon
銅(あかがね)を磨いたような朝日が、遠くの榎の大樹を染めていた。
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
軽金属のような朝陽が林や畑のうえに輝いていた。
開高 健 / パニック「パニック・裸の王様 (1960年) (新潮文庫)」に収録 amazon
のように赤い日光
前田河広一郎 / 三等船室「現代日本文学大系 (59)」に収録 amazon
静かな蒼空は、澄んで、幅広い白金のような日光を漲らして
梶井 基次郎 / 三等船室「筧の話」に収録 amazon
正午の日光の明るさは孔雀が羽翅(はね)を拡げたようである。
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
木の葉を洩れた日光の白い片が、その海の小魚のように隆の肩や、枝にかけた手に戯れた
野上 弥生子 / 哀しき少年「野上弥生子短篇集 (岩波文庫)」に収録 amazon
晩春の午後の陽の光が引き潮のようにおとろえて行った
大江 健三郎 / セヴンティーン「性的人間 (新潮文庫)」に収録 amazon
窓から流れこむ斜光線の明るい小川
開高 健 / 裸の王様「パニック・裸の王様 (新潮文庫)」に収録 amazon
薄日が軒先の物干し竿の影ごと、進藤の膝に射して、すぐ吸い取られるように消えた。
永井 龍男 / 冬の日「一個・秋・その他 (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
日はうららかに川面を射て、八畳の座敷は燃えるように照った。
谷崎 潤一郎 / 刺青「刺青・秘密 (新潮文庫)」に収録 amazon
時刻は午前十時を回り、海に洗濯された太陽も、徐々に使い古されて黄ばんでゆく。
綿矢 りさ / 仲良くしようか「勝手にふるえてろ (文春文庫)」に収録 amazon
そんな土地にふりそそぐ陽光は、うまくできたたまご焼きのように、しあわせな黄色をしているものです。
綿矢 りさ / 自然に、とてもスムーズに「しょうがの味は熱い (文春文庫)」に収録 amazon
靄は濃くなって、林の中に夕日が溶けた鉄のしずくのようにだった
小川国男 / 小川国夫作品集〈第2巻〉(平地の匂い) amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の風景を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分