安心するの比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 感情の比喩 > 安心するの比喩表現

安心するの比喩を使った文章の一覧(265件)
治療を終えたばかりの歯医者のように涼しい顔
七尾与史 / 死亡フラグが立ちました! amazon
凍てつく冷笑のつららが突き刺さる
島田 雅彦 / 未確認尾行物体 amazon
漂白されたような温和な表情
高橋 和巳 / 我が心は石にあらず amazon
猫が昼寝してるみたいな
高橋 和巳 / 我が心は石にあらず amazon
のように固いしっかりした表情
小林 多喜二 / 蟹工船 一九二八・三・一五 amazon
目を伏せてかすかに笑みを湛えている仏像のような
倉橋 由美子 / 倉橋由美子の怪奇掌篇 amazon
体が枯れ木の束のように軽い
有吉 佐和子 / 華岡青洲の妻 amazon
のような息をひとつ吐く
中上 健次 / 枯木灘 amazon
その上に字が書けそうなくらいぽっかりとした白い息
村上 春樹 / ダンス・ダンス・ダンス(上) amazon
妃殿下の如く優雅な気分で
高森 和子 / 母の言いぶん amazon
夢の中で空足を踏むような焦り
古井 由吉 / 水「古井由吉自撰作品 2 水/櫛の火 (古井由吉自撰作品【全8巻】)」に収録 amazon
まるで鳩がパタパタと飛び立つようにすがすがしい
林 芙美子 / 耳輪のついた馬「風琴と魚の町/清貧の書 (新潮文庫 は 1-4)」に収録 amazon
のような自由
夏目 漱石 / それから amazon
いい気持の溜息を、鯨のように吹き上げて
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
翻弄されているような気がした。鼻先を爪ではじかれたような思いだった。
槇村 浩 / 愛の歌「間島パルチザンの歌―槇村浩詩集 (1964年)」に収録 amazon
身体中がほぐれるような安堵感
尾崎 一雄 / まぼろしの記 amazon
深い淵の面のような冷静さ
横山 美智子 / R夫人のサロン「静かなる奔流 (1947年)」に収録 amazon
少しずつちぎって捨てるような苦しい溜息をついた。
林 芙美子 / 下町「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
彼は停電したようにプッツリ意識を失なった。
島田 雅彦 / 聖アカヒト伝「ドンナ・アンナ (新潮文庫)」に収録 amazon
私は思わず大きな声をあげていた。  旦那の目鼻が顔の下のほうにずり下がっていたのだ。  瞬間、私の声に反応するかのように、目鼻は慌ててささっと動き、そして何事もなかったように元の位置へ戻った。私は息を吞んだ。(略)よくよく注意してみると、旦那の顔は、臨機応変に変化しているのだった。人といる時は、体裁を保ってきちんと旦那の顔をしているのだが、私と二人だけになると気が緩むらしく、目や鼻の位置がなんだか適当に置かれたようになる。一ミリや二ミリの誤差なので、よほど旦那に興味がなければ、気が付く者はいないだろう。似顔絵の輪郭が、水に溶けてぼやっとにじむような、曖昧模糊とした変化なのだ。 本人にも気付かせようと、顔が適当になっている時に、「ねえ、ヒゲが伸びてる。」とか、「鼻のところ確認したほうがいいよ。」などとあれこれ理由をつけて、鏡に向き合わせてみた。すると鏡に向き合った瞬間、なんとなくここら辺だろうと、いい加減に置かれていた目鼻が、ピタッと整列するように本来の位置に収まる。(略)旦那の顔がいちばん雑になるのは、ハイボール片手にバラエティ番組を観ている時だということは確かだった。
本谷 有希子 / 異類婚姻譚 amazon
忘れ去られた黒子のごとく
伊坂 幸太郎 / オーデュボンの祈り amazon
緊張の糸を解く。
乾 くるみ / イニシエーション・ラブ amazon
完璧、無視する。実際、網戸の隙間から蚊が入ってきたほどにも感じなかったのだ。
あさの あつこ「ガールズ・ブルー〈2〉 (文春文庫)」に収録 amazon
詩の一行を読むような澄んだ意識の中
小川 洋子 / ドミトリイ「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の感情を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分