悲しみの比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 感情の比喩 > 悲しみの比喩表現

悲しみの比喩を使った文章の一覧(241件)
兎の眼のようなおじけづいた、心配そうな
小島信夫 / アメリカン・スクール amazon
花瓶を割った子供のように情けない顔
七尾与史 / 死亡フラグ立ちました! amazon
のように味気ない
阿久 悠 / 瀬戸内少年野球団〈上〉 amazon
青い顔で、罪人のようにうなだれる
源氏 鶏太 / 家庭の事情 (1963年) amazon
怒涛のような悲泣の心が募る
檀 一雄 / リツ子・その愛 amazon
少女がうなだれて、鶏のようにびくびくする
大江 健三郎 / 芽むしり仔撃ち amazon
死にかかった希望を胸のなかに抱く
佐藤 春夫 / 怪奇探偵小説名作選〈4〉佐藤春夫集―夢を築く人々 amazon
萎れた花のように首を垂れる
大仏 次郎 / 冬の紳士 amazon
深夜の便器のような長嘆息
開高 健 / 飽満の種子「珠玉・花終る闇 (開高健全集)」に収録 amazon
風が利用できなくなった帆船のような失望
岡本 かの子 / 岡本かの子全集 amazon
みぞおちのなかに酢のたまるような悲しさに苦しめられて
林 芙美子 / 女性神髄「林芙美子全集〈第6巻〉女性神髄・女の日記 (1952年)」に収録 amazon
絶望が、心の中にぎざぎざと鋸(のこぎり)のような歯を立てる。
平林 たい子 / 施療室にて「こういう女・施療室にて (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
刺すような空虚さ
日野 啓三 / 夢の島 amazon
見送るウメは、まるで胸の中のもの全部をこそげとられて了(しま)ったような、絶望的な、うつろな気持だった。
妻たち(網野菊)「現代日本文学全集〈第39〉平林たい子,佐多稲子,網野菊,壷井栄集 (1955年)」に収録 amazon
駱駝に乗って、広い沙漠を行くような、頼りない空虚な思い
林 芙美子 / 松葉牡丹「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
男女の交合のあとのような悲しみ
三島 由紀夫 / 仮面の告白 amazon
無限の薄闇に堕ちるような虚無
芝木 好子 / 隅田川暮色 amazon
急に雨戸を繰って雪景色に驚いたようなそんな空虚さ
林 芙美子 / 耳輪のついた馬「風琴と魚の町/清貧の書 (新潮文庫 は 1-4)」に収録 amazon
深淵のようにふかい哀しみ
丹羽 文雄 / 顔 (1963年) amazon
罪人のように深く頭を垂れながら
加能 作次郎 / 世の中へ amazon
濡れ雑巾のような泣き笑いの顔
池井戸 潤「民王 (文春文庫)」に収録 amazon
ずっと消えることなく心に掛かっていた鬱屈の霧
横山 秀夫「クライマーズ・ハイ (文春文庫)」に収録 amazon
身体を冷たい瓶のなかに塩漬けにされたような悲しい気持ち
綿矢 りさ「しょうがの味は熱い (文春文庫)」に収録 amazon
間違いなく微笑みでありながら、彼の印象的な眼差しのせいで、桜の花びらのようにもろく繊細な表情に見えた。
小川 洋子 / 夕暮れの給食室と雨のプール「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
病気病気した冬のような気持ち
梶井基次郎 / のんきな患者 amazon
未来が途方もなく厚い重い灰色の壁のようにしか感じられない
山川方夫 / 山川方夫全集〈4〉一人ぼっちのプレゼント amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の感情を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分