外の設備・工作物の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 風景の比喩 > 外の設備・工作物の比喩表現

外の設備・工作物の比喩を使った文章の一覧(180件)
墓場のような煙突の林
林 芙美子 / 晩菊・水仙・白鷺 amazon
階段が大蛇のようにうねる
里見 トン / 極楽とんぼ―他一篇 amazon
赤いネオンが金魚のようにゆらめく
三島 由紀夫 / 午後の曳航 amazon
橋が巨鯨の白骨のような姿
岡本 かの子 / 岡本かの子 amazon
(長い階段)蛇腹のように伸びた階段
落合 恵子 / 夏草の女たち amazon
破れた太鼓を敲くような侘しい音を立てて、雨が天幕の上に落ちて来る。
火野 葦平 / 麦と兵隊「土と兵隊・麦と兵隊 (新潮文庫)」に収録 amazon
赤い煙るような門燈の光り
三島 由紀夫 / 金閣寺 amazon
暗い石崖が、襤褸(ぼろ)を積み重ねたように見える。
林 芙美子 / 骨「新潮日本文学 22 林芙美子集 放浪記・稲妻・浮雲・風琴と魚の町・清貧の書・泣虫小僧・牡蠣・晩菊・骨・下町」に収録 amazon
巨大な蕨さながらの背高の街灯
伊坂 幸太郎 / グラスホッパー amazon
風呂桶を長くしたような煙突
前田河広一郎 / 三等船室「現代日本文学大系 (59)」に収録 amazon
小さい鼻の上のロイド眼鏡が正札をつけたように、逞しく見えた。
林 芙美子 / 市立女学校「風琴と魚の町」に収録 amazon
神経のような扁平な鉄管
徳永 直 / 太陽のない街 amazon
地下室のような風呂場
川崎 長太郎 / 伊豆の街道 amazon
エレヴェーターは落ちて行く。(略)隕石のように、落ちて行く。
福永 武彦 / 飛ぶ男「廃市/飛ぶ男 (新潮文庫 草 115-3)」に収録 amazon
柿の果ほどの電燈
前田河広一郎 / 三等船室「現代日本文学大系 (59)」に収録 amazon
崖下の町の灯がいさり火のようにきらきら光っていた
林 芙美子 / 茶色の目「林芙美子全集〈第15巻〉茶色の目 (1952年)」に収録 amazon
噴水の水は花火の様であった。
内田 百けん / 東京日記 他六篇 amazon
国技館の丸屋根の灯は、王冠のように美しかった。
平林 たい子 / 桜「平林たい子全集 2」に収録 amazon
包装された大小のシチムパイプが蛇の群れのように這い伝わっていた。
宮地 嘉六 / 煤煙の臭い「宮地嘉六著作集〈第1巻〉 (1984年)」に収録 amazon
夜になると、灯が簪(かんざし)のようにキラキラして綺麗であった。
林 芙美子 / 耳輪のついた馬「風琴と魚の町/清貧の書 (新潮文庫 は 1-4)」に収録 amazon
帆柱のように林立する煙突
久保田 万太郎 / 春泥 amazon
人家の灯火は雨に流れて、色硝子を砕いたような、光った水溜りの中へ、二人は膝をついた。
林 芙美子 / 軍歌「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
銀色の針金が顔に絡みついたような眼鏡
村田 沙耶香「コンビニ人間」に収録 amazon
木立の中のオレンジ色の灯かりが、人のはく息の湿り気がゆらめき上がっているように滲む
干刈あがた / 月曜日の兄弟たち「干刈あがたの世界〈2〉ウホッホ探険隊」に収録 amazon
ネオンが巨大な宝石のよう
深沢七郎 / 東京のプリンスたち amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の風景を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分