寂しい・喪失感の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 感情の比喩 > 寂しい・喪失感の比喩表現

寂しい・喪失感の比喩を使った文章の一覧(119件)
一人ぽつんと島のように離れている
小林 多喜二 / 蟹工船 一九二八・三・一五 amazon
極地の島に一人で取り残されてしまったような激しい孤独
村上 春樹 / ダンス・ダンス・ダンス(上) amazon
魂の凍りそうな寂寞感
小田 岳夫 / 城外「城外・紫禁城の人―他二篇 (1957年) (角川文庫)」に収録 amazon
ずしんと水底に落ちこむような孤独な気持ち。
林 芙美子 / 河沙魚「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
(寂しさが)汐(しお)のようにひたひたと寄せてくる。
林 芙美子 / 茶色の目「林芙美子全集〈第15巻〉茶色の目 (1952年)」に収録 amazon
二人の放浪人が、こんな淋しいところに、落葉のように吹き寄せられている
林 芙美子 / 松葉牡丹「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
孤独は太陽のように私を灼いた。
三島 由紀夫 / 仮面の告白 amazon
孤独が、風のように鵜飼の心を過ぎ去った。
檀一雄 / 花筐「花筐・光る道 他四編」に収録 amazon
奈落におちこむような深い孤独。
林 芙美子 / うず潮 (1964年) amazon
のような孤独
福永 武彦 / 草の花 amazon
隙間風のような寂しさ
宮本 百合子 / 伸子 amazon
絃に背を向けられると月の裏側にいるみたいに冷える。
綿矢 りさ「しょうがの味は熱い (文春文庫)」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の感情を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分