嫌いの比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 感情の比喩 > 嫌いの比喩表現

嫌いの比喩を使った文章の一覧(362件)
雨にうたれた猿のように疲れている
村上春樹 / ノルウェイの森 amazon
倦怠の色が全身を薄雲のようにつつむ
光瀬 龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
凍てつく冷笑のつららが突き刺さる
島田 雅彦 / 未確認尾行物体 amazon
心労と塵労が全身にかさぶたのようにかぶさる
開高 健 / 地球はグラスのふちを回る amazon
重荷を背負わされた老婆のように顔を皺寄せる
高橋 和巳 / 我が心は石にあらず amazon
重荷を背負わされた老婆のように顔を皺寄せる
高橋 和巳 / 我が心は石にあらず amazon
トウガラシを食べたサルのような
灰谷 健次郎 / ひとりぼっちの動物園 amazon
乾からびた茸のような疲労を覚える
北 杜夫 / マンボウ響躁曲―地中海・南太平洋の旅 amazon
朝の礼拝堂に糞尿の気が流れてきたよりも、もっと興ざめなこと
岩田 豊雄 / 獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 amazon
のような息をひとつ吐く
中上 健次 / 枯木灘 amazon
硝煙と血潮の中で兵隊を叱咤する鬼将軍のような
椎名 麟三 / 深夜の酒宴・美しい女 amazon
言葉で謝罪の綾をつづる
高橋 和巳 / 我が心は石にあらず amazon
苦虫を噛みつぶしたような、サギのような顔つき
開高 健 / 地球はグラスのふちを回る amazon
殺意を財布のように胸のポケットに隠す
島田 雅彦 / 未確認尾行物体 amazon
眉間に刀傷ほどもある皺を寄せる
島田 雅彦 / 未確認尾行物体 amazon
袋に開いた小さな穴から水がこぼれるように、身体から力が抜け出ていった
村上 春樹 / 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 amazon
その上に字が書けそうなくらいぽっかりとした白い息
村上 春樹 / ダンス・ダンス・ダンス(上) amazon
大きな地震で窓枠が歪むような(顔の)歪み方
村上 春樹 / ダンス・ダンス・ダンス(下) amazon
深夜の便器のような長嘆息
開高 健 / 飽満の種子「珠玉・花終る闇 (開高健全集)」に収録 amazon
表情は石膏像のように冷やかだった。
横山 美智子 / 朝「静かなる奔流 (1947年)」に収録 amazon
棒杭のように身体を投げ出し
火野 葦平 / 麦と兵隊 amazon
心はさあっと、水をかけたように冷たく冴えかえって来ました。
井上 靖 / 猟銃「猟銃・闘牛 (新潮文庫)」に収録 amazon
ゲジゲジのように嫌われて
尾崎 士郎 / 人生劇場 青春篇 amazon
張り詰めていた彼の昂奮も急に吸われるように醒めて来た。
横光 利一 / 悲しみの代価「日本の文学〈第37〉横光利一 (1966年) 悲しみの代価 日輪 上海 他」に収録 amazon
不快感がまだ澱のように沈んでいた。
藤沢 周平 / 榎屋敷宵の春月「麦屋町昼下がり (文春文庫)」に収録 amazon
のように疲れて眠っている。
林 芙美子 / 松葉牡丹「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
酢をのんだような顔で
司馬 遼太郎 / 国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 amazon
幻滅が、再び季節風のように心に吹いて来た
林 芙美子 / 風琴と魚の町/清貧の書 amazon
眉間に蜘蛛の巣状の皺を寄せ
島田 雅彦 / ドンナ・アンナ amazon
毒蛇のような殺気立った心
有島 武郎 / 或る女 amazon
茶の渋のような疲労
安部 公房 / 他人の顔 amazon
マクロのようにのびてしまう。
石坂 洋次郎 / 山のかなたに amazon
いい気持の溜息を、鯨のように吹き上げて
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
角のトゲでもつかえたような
石坂 洋次郎 / 石中先生行状記 amazon
唇を鳥の肛門のようにとがらせ
大江 健三郎 / われらの時代 amazon
死んだようにぐったり
林 芙美子 / 浮雲 amazon
渋を飲んだような顔をして
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
塩を噛んだような苦い顔
石坂 洋次郎 / 山のかなたに amazon
翻弄されているような気がした。鼻先を爪ではじかれたような思いだった。
槇村 浩 / 愛の歌「間島パルチザンの歌―槇村浩詩集 (1964年)」に収録 amazon
のような不平顔で
牧野 信一 / 鬼涙村 amazon
古草履のように疲れ果てた我等
石坂 洋次郎 / 若い人 amazon
自分の体が、キルク(=コルク)が水に浮いているよう
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
吐き出したいような自己嫌悪
宇野 千代 / 色ざんげ amazon
にがりを飲んだような顔で
和田伝 / 沃土「和田伝全集 第2巻」に収録 amazon
肌にトゲを刺されたようなたまらない嫉妬
林 芙美子 / 骨「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
少しずつちぎって捨てるような苦しい溜息をついた。
林 芙美子 / 下町「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
口の粘くなるような不快さを感じながら、厭なものを見たと思った。
火野葦平 / 麦と兵隊「土と兵隊 麦と兵隊」に収録 amazon
煮られたあとのようにくたくたな気持で
岡本 かの子 / 落城後の女「岡本かの子全集 (第3巻)」に収録 amazon
干された雑巾のようにくたびれる
伊坂 幸太郎 / オーデュボンの祈り amazon
内心で暗い炎を燃やす
乾 くるみ / イニシエーション・ラブ amazon
苦い薬を飲み干した時のような
横山 秀夫「クライマーズ・ハイ (文春文庫)」に収録 amazon
天地を創造した神さまにも匹敵するくらいのエネルギーを使いました。
綿矢 りさ / 自然に、とてもスムーズに「しょうがの味は熱い (文春文庫)」に収録 amazon
重病人のようにベッドでぐったりして
小川 洋子「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
顔が歪むのが分かった。心地よい言葉ではなかった。腐った林檎に齧りついたような感触がする。
伊坂 幸太郎「陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の感情を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分