記憶の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 人物の比喩 > 記憶の比喩表現

記憶の比喩を使った文章の一覧(258件)
細かな細部まで拡大鏡を通じたように明瞭に浮かび上がる
ウィリアム・アイリッシュ / 黒いカーテン amazon
まるで遠くでゆらめく蜃気楼のようにつかみ所がない
七尾 与史 / 死亡フラグが立ちました! (宝島社文庫) amazon
脳裏に浮かんだ女性の顔が印画紙に焼き付いたように消えない
七尾 与史 / 死亡フラグが立ちました! (宝島社文庫) amazon
胸に、男の顔が遠い稲光のように明滅する
光瀬 龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
思い出が絵巻物のように繰り拡げられる
梶井 基次郎 / 檸檬・冬の日―他九篇 (岩波文庫 amazon
心の襞(ひだ)の中に縫いこんでおく
瀬戸内 寂聴 / 愛すること―出家する前のわたし amazon
フラッシュバックのように断片的に思い出す
大原 まり子 / イル&クラムジー物語 amazon
思い出がナイフのように鋭く蘇る
遠藤 周作 / 何でもない話 amazon
津波のような思い出にあえぎ苦しむ
本庄 陸男 / 石狩川〈上〉 amazon
回想を影のごとく脳裡に引く
今 日出海 / 天皇の帽子 amazon
原野の風が千里を走るように
本庄 陸男 / 石狩川〈上〉 amazon
真珠のように小さな記憶の粒
小川 洋子 / 余白の愛 amazon
記憶を歳月という風雪が埋めつくす
瀬戸内 寂聴 / 愛すること―出家する前のわたし amazon
青春の日々が不知火のように浮かんでは揺れる
飯田 栄彦 / 昔、そこに森があった amazon
初恋いの憶い出が、白い泡のように、ふつふつと胸によみがえって来るのを覚えた。
林 芙美子 / 女性神髄「林芙美子全集〈第6巻〉女性神髄・女の日記 (1952年)」に収録 amazon
走馬燈のように、あらゆる思い出が脳裡を去来した。
火野葦平 / 麦と兵隊「土と兵隊 麦と兵隊」に収録 amazon
隆吉の姿がいまではぼやけてしまって、風船のように、虚空に飛んでしまっている。
林 芙美子 / 河沙魚「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
関係が純然たる過去になって詩のように心に残る
志賀直哉 / 濁った頭「志賀直哉小説選〈1〉」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の人物を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分