店・施設の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 風景の比喩 > 店・施設の比喩表現

店・施設の比喩を使った文章の一覧(122件)
ボーイはにっこりして、賢い猫のようにそっと部屋を出て行った。
村上 春樹 / 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 amazon
有刺鉄線に囲まれ湯気を上げ喘ぎ震えている変電所
村上 龍 / 限りなく透明に近いブルー amazon
さすが床屋のねこだけあって、そのぴかぴかつやのいいこと、香水でもふりかけたよう
松谷 みよ子 / 黒ねこ四代「黒ねこ四代・火星のりんご ほか (松谷みよ子全集)」に収録 amazon
黒い田を越して法隆寺の伽藍が灰屑のように淡く望まれた。
岡本 かの子 / 落城後の女「岡本かの子全集 (第3巻)」に収録 amazon
白い角砂糖のような病院の建物
安岡 章太郎 / 海辺の光景 amazon
行く手には監獄が壁のように立ち塞がっている。
平林 たい子 / 施療室にて「こういう女・施療室にて (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
枝々に紙がいくつも白い蝶のやうに結びつけられてゐる
丸谷 才一 / 初旅「横しぐれ (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
幼稚園の子どもたちが、まるでメダカか、オタマジャクシみたいに見える
小出 正吾 / ジンタの音「小出正吾児童文学全集 (3)」に収録 amazon
不器用な刈り方ではあったが、それでも頭のなかを風が吹き抜けてゆくような爽やかさである。
林 芙美子 / 夜猿「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
まるで蜂の巣のよう
宮本 百合子 / 伸子 amazon
まるで大きな墓みたいだ。
椎名 麟三 / 永遠なる序章 amazon
停留所はまるで祭帰りの道のように、キャラメルの箱や、鼻をかんだ塵紙があっちこっちに散乱して
林 芙美子 / 山中歌合「風琴と魚の町/清貧の書 (新潮文庫 は 1-4)」に収録 amazon
動物の檻のように並んだ個室
安岡 章太郎 / 海辺の光景 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の風景を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分