忘れられない・心に強く残るの表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 人物表現 > 記憶 > 忘れられない・心に強く残る


カテゴリ検索 単語の意味
忘れられない・心に強く残るの表現・描写・類語
脳裏に浮かんだ女性の顔が印画紙に焼き付いたように消えない
七尾 与史 / 死亡フラグが立ちました! (宝島社文庫) amazon
目の奥にいつまでも残った。
小川 洋子 / ドミトリイ「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
頭の中に、くっきりと残っている。
中島 京子「小さいおうち (文春文庫)」に収録 amazon
忘れたいのにむやみに何度も脳内で再生される。
綿矢 りさ / かわいそうだね?「かわいそうだね? (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ好調・順調・勢いがある
永く眼に残ってる。
伊藤左千夫 / 野菊の墓 青空文庫
その景色を僕は夢にまで見ます。
有島武郎 / 生まれいずる悩み 青空文庫
最後の言葉が心の片隅に、魚の小骨のように残っていた
松本 清張 / 真贋の森「松本清張ジャンル別作品集(3) 美術ミステリ (双葉文庫)」に収録 amazon関連カテ耳に残る・音声を覚えている
不安そうな眼つきをして立っていた彼の妻を思い泛べた。その疑わしそうな視線が、九州から此処まで届くかと思われた。
松本 清張 / 真贋の森「松本清張ジャンル別作品集(3) 美術ミステリ (双葉文庫)」に収録 amazon関連カテ視線
残像のように消えずにいた。
松本 清張 / 青のある断層「松本清張ジャンル別作品集(3) 美術ミステリ (双葉文庫)」に収録 amazon
同じカテゴリの表現一覧
記憶 の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分