ランプ・手に持つ明かりの表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 感覚表現 > 光と影 > ランプ・手に持つ明かり


カテゴリ検索 単語の意味
ランプ・手に持つ明かりの表現・描写・類語
南京玉をこぼしたように、そのさじきの帯をいろどるぼんぼり
永井竜男 / 風ふたたび「永井龍男全集 5 長篇小説 1」に収録 amazon
夜はランプのあかりだけが何よりのたよりだ うす暗いがそれは人情のやうになつかしい
田中 冬二 / 法師温泉「田中冬二全集〈第1巻〉詩 (1984年)」に収録 amazon
カンテラを燃して
岡本かの子 / 渾沌未分 青空文庫
同じカテゴリの表現一覧
光と影 の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
感覚表現 大カテゴリ
表現の大区分