食べるの表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 人物表現 > 動作・仕草・クセ > 食べる


カテゴリ検索 単語の意味
食べるの表現・描写・類語
ガラスのかけらでも噛むようにゆっくり食べる
ジュール・ルナール / にんじん amazon
餓えきった痩せ犬が不時の食にありついたかのように彼はがつがつとたちまちの間に平らげてしまった。
志賀 直哉 / 小僧の神様「小僧の神様 他十篇 (ワイド版岩波文庫)」に収録 amazon
育ちざかりの七面鳥のように眼をむいてがつがつ食いまくる
和田伝 / 沃土「和田伝全集 第2巻」に収録 amazon関連カテ大食い・大食漢
むしゃむしゃ馬みたいに食べたい
小川 洋子「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ大食い・大食漢
子供のように丸く唇を開き、閉じる時一緒に目をつぶった。
小川 洋子「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
ケーキを口に入れ、大事そうにゆっくり顎を動かしながら飲み込んだ。
小川 洋子 / ドミトリイ「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
(パウンドケーキ)溶けるのを待つように、嚙まないでじっと唇を閉じていた。
小川 洋子 / ドミトリイ「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
爪をかむようにアーモンドをかじっている
綿矢 りさ / かわいそうだね?「かわいそうだね? (文春文庫)」に収録 amazon
形のいい歯でしゃりしゃりと削られているガリガリ君
朝井 リョウ / 僕は魔法が使えない「もういちど生まれる (幻冬舎文庫)」に収録 amazon関連カテかき氷
繊維が残らないくらいに、強く強く噛み砕いた。
朝井 リョウ / もういちど生まれる「もういちど生まれる (幻冬舎文庫)」に収録 amazon
見えも外聞もなく、大口をあけて大きな丸パンにかぶりつくと、じゅっと中から肉の汁があふれてくる。
石井 好子「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる (河出文庫)」に収録 amazon関連カテハンバーガー
ちょっと人さまにみられては困るような大口をあかなくてはならない
石井 好子「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる (河出文庫)」に収録 amazon
顔半分がかくれてしまいそうに大きいトマトにかぶりついている。
石井 好子「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる (河出文庫)」に収録 amazon関連カテトマト
汁気のある果物は、かぶりついてたべるにかぎる。
石井 好子「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる (河出文庫)」に収録 amazon関連カテ果物(フルーツ)全般
モリモリたべる。 若いひとのたべ方はなんと気持のよいものだろうと感心して
石井 好子「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる (河出文庫)」に収録 amazon関連カテ大食い・大食漢
山とつまれたかにととり組む。
石井 好子「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる (河出文庫)」に収録 amazon関連カテかに
むしゃむしゃとあごがくたびれるほどに噛んで
池波 正太郎「食卓の情景 (新潮文庫)」に収録 amazon
冷え切ったゼリーが、酔いにかわいた口中へすべりこむ
池波 正太郎「むかしの味 (新潮文庫)」に収録 amazon関連カテゼリー
唇の紅を乱して食べて
岡本かの子 / 河明り 青空文庫関連カテ口紅
同じカテゴリの表現一覧
動作・仕草・クセ の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分