鳥のさえずり(鳴き声)の表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 風景表現 > 鳥類 > 鳥のさえずり(鳴き声)


カテゴリ検索 単語の意味
鳥のさえずり(鳴き声)の表現・描写・類語
急激な嵐の消滅のように小鳥たちの声がやむ
大江 健三郎 / 芽むしり仔撃ち amazon
フルートの高音部のような音色で啼く鳥
村上 春樹 / ダンス・ダンス・ダンス(上) amazon
(ひよこ)笛を吹くような声がしきりにする。
火野 葦平 / 麦と兵隊「土と兵隊・麦と兵隊 (新潮文庫)」に収録 amazon
絹帛(きぬ)を裂くような鶴の声
内田 魯庵 / くれの廿八日「くれの廿八日 他一篇 (岩波文庫)」に収録 amazon
名も知らぬ鳥が腰を下ろし、機銃掃射のように鳴きまくっていた。
村上 春樹「1973年のピンボール (講談社文庫)」に収録 amazon
郭公の声が一筋、柔らかな光の中を横切って彼方の稜線に消えて行く。
村上 春樹「1973年のピンボール (講談社文庫)」に収録 amazon
尾の黒い野鳥がすきとおるような声で鳴きつづけていた
村上 春樹「1973年のピンボール (講談社文庫)」に収録 amazon
ぴーひょろろ、と、なんだか間抜けな声色でどこかしらでトンビが鳴いた。
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon関連カテ鳥類
盛大に、夏の山鳥が鳴いている。
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon
ぞっとするくらい寂しげに、トンビの鳴き声が大気にたなびく。
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon
トンビの一鳴きが、高く遠く、また響く。
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon
鳥がツンツン鳴きました。
宮沢賢治 / ひかりの素足 青空文庫
鳥がちょんちょんと鳴いて
宮沢賢治 / ひかりの素足 青空文庫
類似・関連の強い・参考になる表現
動物の鳴き声(鳥犬以外)
同じカテゴリの表現一覧
鳥類 の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分