日差し・太陽光の表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 風景表現 > 晴れ・曇り > 日差し・太陽光


カテゴリ検索 単語の意味
日差し・太陽光の表現・描写・類語
絞り込み候補のタグ:夏の日差し・光春の日差し・光冬の日差し・光秋の日差し・光夕日・西日木漏れ日室内に差し込む光光に照らされた顔や姿
靄は濃くなって、林の中に夕日が溶けた鉄のしずくのようにだった
小川国男 / 小川国夫作品集〈第2巻〉(平地の匂い) amazon
砂山が、まぶしい日のうずまきを頂いている
室生 犀星 / 室生犀星作品集〈第9巻〉汽車で逢った女,餓人伝 amazon
(夜霧)霧がたっぷりと月光を含み、羽二重のようにほの白く光っている
山手 樹一郎 / 山手樹一郎作品集〈第6巻〉久楽屋の娘 amazon
桃色真珠をばらまいたような暖かい光が広がる
林 京子 / やすらかに今はねむり給え amazon
赤みがかったぎらぎらした太陽が白樺の雑木林を踊るように照らしている。
林 芙美子 / 松葉牡丹「林芙美子文庫〈〔第9〕〉松葉牡丹 (1950年)」に収録 amazon
炉のように赤い日光
前田河広一郎 / 三等船室「現代日本文学大系 (59)」に収録 amazon
静かな蒼空は、澄んで、幅広い白金のような日光を漲らして
梶井 基次郎 / 三等船室「筧の話」に収録 amazon
正午の日光の明るさは孔雀が羽翅(はね)を拡げたようである。
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon関連カテとても明るい
木の葉を洩れた日光の白い片が、その海の小魚のように隆の肩や、枝にかけた手に戯れた
野上 弥生子 / 哀しき少年「野上弥生子短篇集 (岩波文庫)」に収録 amazon
晩春の午後の陽の光が引き潮のようにおとろえて行った
大江 健三郎 / セヴンティーン「性的人間 (新潮文庫)」に収録 amazon
薄日が軒先の物干し竿の影ごと、進藤の膝に射して、すぐ吸い取られるように消えた。
永井 龍男 / 冬の日「一個・秋・その他 (講談社文芸文庫)」に収録 amazon関連カテ光が消える
夏を先取りしたような強い陽射し
乾 くるみ / イニシエーション・ラブ amazon
海に入ると水面は太陽にあたためられ、とろとろしていて
綿矢 りさ「しょうがの味は熱い (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ水面・海面
そんな土地にふりそそぐ陽光は、うまくできたたまご焼きのように、しあわせな黄色をしているものです。
綿矢 りさ / 自然に、とてもスムーズに「しょうがの味は熱い (文春文庫)」に収録 amazon
光が庭のあちこちで弾けていた。
小川 洋子 / ドミトリイ「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ庭・縁側・ベランダ
日当たりのいい土手が続いていた。風のない昼下がりだった。(略)すべてのものが静かなぬくもりに包まれていた。
小川 洋子 / 夕暮れの給食室と雨のプール「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ昼・午後
ジュジュが走ると、陽射しが弾けて鎖がきらきら光った。
小川 洋子 / 夕暮れの給食室と雨のプール「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ
太陽が雲の隙間からアスファルトを照らした。
伊坂 幸太郎「陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)」に収録 amazon
太陽が照りつけて目を開けるのも困難
綿矢 りさ / 亜美ちゃんは美人「かわいそうだね? (文春文庫)」に収録 amazon関連カテまぶしい・まぶしさ
類似・関連の強い表現
春の日差し・光冬の日差し・光秋の日差し・光夏の日差し・光
同じカテゴリの表現一覧
晴れ・曇り の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分





タグを選択してください(複数可)
①か②で登録カテゴリを指定必須
タブ3の内容
タブ3の内容
タブ3の内容