蝉(せみ)の表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 風景表現 > 昆虫・虫 > 蝉(せみ)


カテゴリ検索 単語の意味
蝉(せみ)の表現・描写・類語
蝉の声が海のように鳴る
光瀬 龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
熱した油で水滴がはじけたような暑苦しい蝉の合唱
阿久 悠 / 瀬戸内少年野球団〈上〉 amazon
耳の底で潮騒のように鳴り響いている蝉の声
光瀬 龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
蝉のトンネルとでも云いたいほど、騒々しく鳴きしきる
里見 トン / 美事な醜聞「初舞台・彼岸花 里見トン作品選 (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
裏の丘陵は一ぱい蝉時雨で、丘が動き出しそうだ。
岡本 かの子 / やがて五月に「岡本かの子全集〈4〉 (ちくま文庫)」に収録 amazon
油を焦がすようだった蝉の音も次第に消えて行く
水上 瀧太郎 / 山の手の子「俤 (百年文庫)」に収録 amazon
油蝉が油を煮るように喧しくなき出した。
平林 たい子 / 施療室にて「こういう女・施療室にて (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
遠い林の中でニイニイ蝉が痺れるような声で鳴いている。
古井 由吉 / 谷「川端康成文学賞全作品〈2〉」に収録 amazon
近くの森から蜩(ひぐらし)の声が追いかけるように聞える。
志賀 直哉 / 網走まで「清兵衛と瓢箪・網走まで (新潮文庫)」に収録 amazon
庭の木で蜩が鳴いている。  夏の終わりが近い。
あさの あつこ「ガールズ・ブルー〈2〉 (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ晩夏・夏の終わり
蟬の鳴き声が立体にびっちりと貼りついて
川上 未映子「乳と卵(らん) (文春文庫)」に収録 amazon
蟬が雨降りみたいに鳴きまくり
川上 未映子「乳と卵(らん) (文春文庫)」に収録 amazon
ひぐらしの鳴く声にうながされ、オレンジ色に染まった薄い雲の下を歩いて帰る。
三浦 しをん「神去なあなあ日常 (徳間文庫)」に収録 amazon関連カテ夏の夕方
蝉がジッジジッジと鳴いた。
梶井基次郎 / 城のある町にて 青空文庫
同じカテゴリの表現一覧
昆虫・虫 の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分