月の表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 風景表現 > 空・中空 > 月


カテゴリ検索 単語の意味
月の表現・描写・類語
月が真綿雲の間をゆっくりと歩いていく
石森 延男 / コタンの口笛 第2部 amazon
月が金色の油をといたように光る
林 芙美子 / 林芙美子文庫〈〔第9〕〉松葉牡丹 amazon
空に洗ったような月がのぼる良夜
藤沢 周平 / 三屋清左衛門残日録 amazon
釜のごとく澄んだ三日月
阿川 弘之 / 雲の墓標 amazon
月がオレンジのように黄色い
大仏 次郎 / 雪崩 (1953年) amazon
金色の油をといたような月
林 芙美子 / 晩菊・水仙・白鷺 amazon
マシマロのように溶けてしまいそうに柔かい月が芝居の書割のようにぼんやりと浮かんでいる。
林 芙美子 / 女性神髄「女性神髄 (1949年) (養徳叢書〈日本篇 第45〉)」に収録 amazon
あの月、大根みたいじゃない? 切り損った薄切りの大根
向田 邦子 / 大根の月「思い出トランプ (新潮文庫)」に収録 amazon
盆のような朱い月
林 芙美子 / 風琴と魚の町 amazon
鎌なりの鋭い月
井上 友一郎 / 日本の文学 64 井上友一郎 amazon
日の丸のように大きな月
林 芙美子 / 耳輪のついた馬「風琴と魚の町/清貧の書 (新潮文庫 は 1-4)」に収録 amazon
細い、一枚の歯のような白い月
倉橋 由美子 / 霊魂「夢の通い路 (講談社文庫)」に収録 amazon
風に拭われたような下弦の月
徳永 直 / 太陽のない街 amazon
研ぎ出したような月
広津 柳浪 / 今戸心中 amazon
新月がキラキラと、紋章のように輝いている。
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
冬であるのに、新月は匂うように白金の眉を描いていた。
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
(夕月)貝がらのようにほの白い夕月が、ほそくかかっていた。
永井竜男 / 風ふたたび「永井龍男全集 5 長篇小説 1」に収録 amazon
寡黙な一人ぼっちの衛星。
村上 春樹 / 1Q84 BOOK 2 amazon
月は相変わらず寡黙だった。
村上 春樹 / 1Q84 BOOK 2 amazon
日が暮れて、金色の月が闇の中に浮かび上がる
小川 洋子「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
月が氷のように冴え返った真夜半まよなか
夢野久作 / ドグラ・マグラ 青空文庫関連カテ
漆黒の空に錐で穴をあけたようなやけに鮮明な月が、私たちを見下ろしていた。
村田 沙耶香「しろいろの街の、その骨の体温の」に収録 amazon
名残りの月をちらりと振り返った。すごい明るさを放って光り、ほぼ満ちていた。
吉本 ばなな / 満月 キッチン2「キッチン (角川文庫)」に収録 amazon関連カテ月の光・月明かり
月は高く明るく、星をかき消して夜空を渡ってゆく。満月だった。
吉本 ばなな / 満月 キッチン2「キッチン (角川文庫)」に収録 amazon
同じカテゴリの表現一覧
空・中空 の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分