雪の表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 風景表現 > 雪・霜・あられ > 雪


カテゴリ検索 単語の意味
雪の表現・描写・類語
まだ誰の足跡もついていない、無傷の白さがキラキラ水晶みたいに光って
小川洋子 / 冷めない紅茶(ダイヴィング・プール) amazon
無理にこじ開けられた痛々しい傷跡のような赤土をいたわるように、所々を薄い雪がおおう
干刈あがた / 月曜日の兄弟たち「干刈あがたの世界〈2〉ウホッホ探険隊」に収録 amazon
羽毛のような軽やかな雪が舞い降りる
三浦哲郎 / ユタとふしぎな仲間たち amazon
背中が汗のような融けた雪でびっしょり
室生 犀星 / 室生犀星作品集〈第9巻〉汽車で逢った女,餓人伝 amazon
みだれた雪の肌理が微かに光る
大仏 次郎 / 雪崩 (1953年) amazon
枝から雪が滑って煙のように散る
大仏 次郎 / 雪崩 (1953年) amazon
堅雪の表面がざらめのようにざらついている
石森 延男 / コタンの口笛 第2部 amazon
雪の鳴るような静けさ
川端 康成 / 雪国 amazon
壁を立てたように雪が視野を塞ぐ
大仏 次郎 / 雪崩 (1953年) amazon
降り落ちた雪もまた吹き上げられて、白い布のように飛ぶ。
川端 康成 / 二十歳「川端康成全集 第5巻 小説 5」に収録 amazon
塩のように乾いた、細かい雪
小林 多喜二 / 蟹工船 amazon
雪の凍みる音が鈴のようにきこえるのだ。
深田 久弥 / あすなろう「あすならう・オロツコの娘 (1954年) (現代日本名作選)」に収録 amazon
粉のような灰色の雪
葉山 嘉樹 / 海に生くる人々 amazon
薄陽の射した庭に、羽毛のような雪が、舞っていた。
林 芙美子 / 上田秋成「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
煙のような粉雪
葉山 嘉樹 / 海に生くる人々 amazon
粉雪が夏の虫のように舞い狂っている
石坂 洋次郎 / 石中先生行状記 amazon
花びらのような牡丹雪が舞っている
田宮 虎彦 / 銀心中 (1961年) amazon
窓の向こうで風に揺らめいている雪
小川 洋子「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
春が近づいてから降る雪は湿って重い。
三浦 しをん「神去なあなあ日常 (徳間文庫)」に収録 amazon関連カテ早春・春先
雪はりんのようなかすかな光を放って
有島武郎 / 生まれいずる悩み 青空文庫関連カテ夕方
同じカテゴリの表現一覧
雪・霜・あられ の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分