夕方の表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 風景表現 > 時間帯(朝・昼・夜) > 夕方


カテゴリ検索 単語の意味
夕方の表現・描写・類語
朱を流しながら灼熱の太陽をどっぷりと飲み込んでいく海
宮尾 登美子 / 楊梅(やまもも)の熟れる頃 amazon
昏(く)れかかった灰色の空が、墨の滲みのような濃淡を去来させている
松本 清張 / 空白の意匠―松本清張短編全集〈10〉 amazon
水に浮いたように星が出はじめた。
打木村治 / トルストイ・サロン
高原の宵闇は羽をひろげるように容赦なく押し迫って一切の形を黒の溶液  に溶かしこんでしまう。
石坂 洋次郎 / お山「わが日わが夢 (1959年) (新潮文庫)」に収録 amazon関連カテ
窓から差し込む光の濃さで、日が傾いてゆくのが分った。
小川 洋子 / ドミトリイ「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ室内に差し込む光
太陽が海をあめ色に染めていた。波も船も灯台も、すべてがその色合いに飲み込まれていた。
小川 洋子 / 夕暮れの給食室と雨のプール「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ水面・海面
日の目が見えなくなる
芥川龍之介 / 羅生門 青空文庫
すこしずつ、気温が下がっていく。すこしずつ、光が褪せていく。
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon
濃紺に染まりつつある西の空
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon関連カテ
夕陽の名残がほとんど消えつつある。もうすぐ夜が来る。
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon関連カテ
ねぐらへ帰るカラスがカーと鳴く。
三浦 しをん「神去なあなあ日常 (徳間文庫)」に収録 amazon関連カテ烏(カラス)
日がいち早くむしばまれる
有島武郎 / 生まれいずる悩み 青空文庫
雪はりんのようなかすかな光を放って
有島武郎 / 生まれいずる悩み 青空文庫関連カテ
同じカテゴリの表現一覧
時間帯(朝・昼・夜) の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分