聴く・耳を傾けるの表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 感覚表現 > 音の響き > 聴く・耳を傾ける


カテゴリ検索 単語の意味
聴く・耳を傾けるの表現・描写・類語
(風呂の中で音楽を聴きながら考える)意識の半分を空っぽにして休ませ、残りの半分で考え事をした。そしてダヴィッド・オイストラフの演奏するシベリウスの音楽は、主にその空っぽの領域を通り過ぎていった。そよ風のように広く開け放たれた入り口から入り、広く開け放たれた出口から出ていった。音楽の聴き方としてはあまりほめられたものではないかもしれない。(略)音楽を右から左に聴き流しながら、意識の空っぽではない方の半分でとりとめもなく思考を巡らせた。そういうとき、彼は対象を限定することなくものを考えるのが好きだった。犬たちを広大な野原に放つように、意識を自由に駆けめぐらせるのだ。どこでも好きなところに行って、なんでも好きなことをしてくればいいと彼らに言って、あとは放っておく。彼自身は首まで湯につかり、目を細め、音楽を聴くともなく聴きながらぼんやりとしている。犬たちがあてもなくはねまわり、坂道を転げまわり、飽きることなく互いを追いかけ合い、リスをみつけて無益な追跡をし、泥だらけになり草だらけになり、遊び疲れて戻ってくると、牛河はその頭を撫で、また首輪をつける。その頃には音楽も終わっている。
燐太郎は食事の後片付けの手をとめ、話を聞く顔になった。
横山 秀夫「クライマーズ・ハイ (文春文庫)」に収録 amazon
耳だけ寄せた。目と赤ペンは原稿から離れない。
横山 秀夫「クライマーズ・ハイ (文春文庫)」に収録 amazon
聞く姿勢になって身をのりだし
吉本 ばなな / 満月 キッチン2「キッチン (角川文庫)」に収録 amazon関連カテ前のめり・身を乗り出す
同じカテゴリの表現一覧
音の響き の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
感覚表現 大カテゴリ
表現の大区分