忘れる・思い出せない・曖昧な記憶の表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 人物表現 > 記憶 > 忘れる・思い出せない・曖昧な記憶


カテゴリ検索 単語の意味
忘れる・思い出せない・曖昧な記憶の表現・描写・類語
(記憶は)まるで遠くでゆらめく蜃気楼のようにつかみ所がない
七尾 与史 / 死亡フラグが立ちました! (宝島社文庫) amazon
記憶を歳月という風雪が埋めつくす
瀬戸内 寂聴 / 愛すること―出家する前のわたし amazon
(曖昧な記憶)隆吉の姿がいまではぼやけてしまって、風船のように、虚空に飛んでしまっている。
林 芙美子 / 河沙魚「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
(覚えていない)「多分その方が楽だからさ。」
村上春樹「風の歌を聴け (講談社文庫)」に収録 amazon
結局何を考えていたかを思い出せず消化不良になる
綿矢 りさ「しょうがの味は熱い (文春文庫)」に収録 amazon
切れ切れに記憶に残っている
夢野久作 / ドグラ・マグラ 青空文庫
なにかが記憶の底から出たがっている。
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon
それからの記憶が、まるで前世の記憶みたいに遠くぼやけている。
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon
類似・関連の強い・参考になる表現
失う・なくす・紛失する
同じカテゴリの表現一覧
記憶 の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分