フラッシュバック・走馬灯のように蘇る記憶の表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 人物表現 > 記憶 > フラッシュバック・走馬灯のように蘇る記憶


カテゴリ検索 単語の意味
フラッシュバック・走馬灯のように蘇る記憶の表現・描写・類語
胸に、男の顔が遠い稲光のように明滅する
光瀬 龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
走馬燈のように、あらゆる思い出が脳裡を去来した。
火野葦平 / 麦と兵隊「土と兵隊 麦と兵隊」に収録 amazon
洪水みたいに流れ込んでくる、瀧くんの記憶。
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon関連カテ失われた記憶がよみがえる
思い出が頭のなかを走り、語りつくせないほどかけめぐる。
綿矢 りさ / 亜美ちゃんは美人「かわいそうだね? (文春文庫)」に収録 amazon
二十年以上も昔の記憶が、逆流した。
重松 清「流星ワゴン (講談社文庫)」に収録 amazon関連カテ失われた記憶がよみがえる
ある光景が蘇ったのはそのときだった。あまりにも一瞬のことで、今、蘇ったどこかの光景が、いったいいつの、どこで見た光景なのか、分からないほどだった。光代は思わず目を閉じて、一瞬蘇った光景を再現した。必死に目を閉じていると、またぼんやりと、その光景が浮かび上がってくる。  どこ? ここ、どこ?  光代は目を閉じたまま、心の中で呟いた。ただ、浮かび上がってきた光景は一枚の写真のように、いくら別の場所を見ようとしても、それ以上に広がらない。  目の前に若い女の子が二人立っている。こちらに背を向けて、楽しそうに笑い合っている。その向こうには年配の女性の背中が見える。女性は壁に向かって何か話している。いや、違う。壁じゃなくて、どこかの窓口。透明のボードの向こうで切符を売る男性の顔がある。  どこ? どこ?  光代はまた心の中で呟いた。必死に目を閉じると、窓口の上に貼られた路線図が見える。 「あ!」  光代は思わず声を上げそうになった。見えたのは、バスの路線図だった。自分が立っている場所は、佐賀と博多を結ぶ長距離バスの切符売り場だったのだ。  それが分かった瞬間、静止していた光景がとつぜん音と共に動き出す。
吉田修一「悪人」に収録 amazon
類似・関連の強い・参考になる表現
瀕死・虫の息
同じカテゴリの表現一覧
記憶 の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分