雨の表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 風景表現の一覧 > 気候・天気の描写 > 雨の表現・描写・類語


カテゴリ検索 単語の意味
雨の表現・描写・類語

外の出たとたんに大粒の雨がばたばたと落ちてきた。みるみるうちに地面が黒く染まってゆく。すごい雨だった。  
[吉本ばなな/うたかた] より 詳細

辺りが静かになったので雨戸を開けると、雨あがりの浄(きよ)い匂いがして  
[吉行理恵/小さな貴婦人] より 詳細
雨の香りを胸いっぱいに吸い込む   雨が痛いほど叩きつける   秋雨のように雨がじとじと降る   秋の長雨を思わせるような陰気な降り方の雨   細い、じゅくじゅくした雨  
窓の外には細かい雨が降っていて、部屋の中は水族館みたいにひやりとしていた。  
[村上 春樹/ノルウェイの森 下] より 詳細

雨がシャワーのように機械的に連続して降る  
[大岡 昇平/野火] より 詳細

雨が寸分の隙間もなく天地を閉じ込める  
[谷崎 潤一郎/痴人の愛] より 詳細
雨が絶え間なく街を包むように降る  
雨が土地に浸み入り、地表を湿っぽい冷ややかさで被う  
[村上 春樹/1973年のピンボール] より 詳細

雨が人の心を他界に誘うようにザッさびしく降って通る  
[田山 花袋/田舎教師] より 詳細

降り方も平均してきて、どっしり腰をすえて降っている  
家の中にしじまを閉じこめるような重苦しい雨の降り方  
[有吉 佐和子/華岡青洲の妻] より 詳細
何もかも濡らすまで、雨がいつまでも降り続く  
世をあげて太陽のためのお通夜をしているような、陰気な雨が降りつづく  
[宮部 みゆき/とり残されて] より 詳細
蛇口をひねったように雨が落ちてくる   地を打つような太い雨  
雨は風にそよぎつつ万物を洗いきよめる水のヴェール  
[カレル チャペック/園芸家12カ月] より 詳細

降り続ける雨が、どんな清掃業者よりも辛抱強く、丁寧に窓ガラスを洗っている  
[宮部 みゆき/とり残されて] より 詳細

雨のしぶきが地面から浮き上がったように低い成層を作る  
[新田 次郎/縦走路] より 詳細

すべてがまんべんなく雨を吸いこみ、世界が救いがたい冷ややかさに充ちる  
[村上 春樹/1973年のピンボール] より 詳細

風のある日には、糸のような雨が下から上へ降る  
[田山 花袋/田舎教師] より 詳細
か細い糸のような雨が窓を伝う  
銀の糸を張ったように落ちてくる大粒の雨  
[山本 周五郎/やぶからし] より 詳細

納豆の糸のような雨  
[小林 多喜二/蟹工船] より 詳細
じめじめと薄ら寒いわびしい雨  
大きなトタンの屋根を、風に乗った雨が動物的な早さでうわーっと走っていく  
[椎名 誠/新橋烏森口青春篇] より 詳細
細い櫛の歯のように規則正しい雨  
長い白髪のような雨  
[高橋 和巳/捨子物語] より 詳細
針のように細かい雨  
綿のように柔らかな雨  
[村上 春樹/1973年のピンボール] より 詳細
雨がしのび足で通り過ぎる   みぞれ混じりの冷たい雨  
糸のような細い雨が斜に降り懸る  
[田山 花袋/田舎教師] より 詳細

降りみ降らずみの陰鬱な天気  
[永井 路子/朱なる十字架] より 詳細
じゃぶじゃぶと泳ぐように雨の中を歩く   雨が体を前後左右から包囲する  
細い髪の毛のように雨がまっすぐに天から垂れてくる  
[倉橋 由美子/ポポイ] より 詳細

銀のような大粒の雨が青々とした若葉に降りそそぐ  
[徳田 秋声/あらくれ] より 詳細

湖に冷雨が煙ってさびしいほど閑寂な風景  
[石川 達三/花のない季節] より 詳細

(恵みの雨)大地が甘露の慈雨を吸って生き生きと輝く  
[久間 十義/ヤポニカ・タペストリー] より 詳細
温かいシャワーのような雨   シャワーのように細かく心地いい雨  
乱れた白髪のような秋の長雨  
[倉橋 由美子/ポポイ] より 詳細

乾いた大地が降りそそぐしずくを受けるときの、銀の鈴を鳴らすような接吻  
[カレル チャペック/園芸家12カ月] より 詳細

急に雨が強くなり、道にできた水溜りは波紋を作りながら次々と広がっていく   手の平を上に向け、上を見て雨に気付くときの仕草  
コンクリートや草が濡れ冷やされていくときの匂いがする  
雨の中、火のついたタバコを投げると、地面に着かないうちに音を出して消えた   途切れることなく落ちてくる雨   建物を映す濡れた道路  
蜜をとかしたような雨まじりの風  
[安部 公房/他人の顔] より 詳細

板葺きらしい屋根に一寸釘でも敲(たた)きつけるように雨が降りつけていた。  
[有島 武郎/或る女] より 詳細

太い針金のように光る雨の線  
[石坂 洋次郎/山のかなたに] より 詳細

細引きのような太い雨  
[林 芙美子/ボルネオダイヤ「林芙美子全集〈第11巻〉ボルネオダイヤ・あひびき」内の短編] より 詳細

点滴の珠を表面に残して砕けて行く雨の糸  
[夏目 漱石/明暗] より 詳細

風に煽られた雨の筋が幕のように白くはためいて街頭の光の中を移動して行った。  
[石坂 洋次郎/若い人] より 詳細

雨が横さまに簾のやうになつてそゝいだ  
[丸谷 才一/横しぐれ] より 詳細

雨の筋が、強い風に煽られて、千切れたり、弓の弦のようにしなったりするのが、ハッキリと肉眼に見えた。  
[石坂 洋次郎/山のかなたに] より 詳細

白い葱をちぎって放るような雨  
[林 芙美子/うず潮 (1964年)] より 詳細

四囲の空気を、さっと刀で切りつけてやりたいような、じれじれした雨である。  
[林 芙美子/浮雲] より 詳細

雨滴は(略)舗道をぶよぶよの混沌とした星雲の写真のような感じにした。  
[大江 健三郎/われらの時代] より 詳細

アズキ粒ほどもある大きな雨滴  
[石坂 洋次郎/山のかなたに] より 詳細

眠りのうえを、優しい恋人の愛撫のように、微かな雨脚が渡りつづけているのだ。  
[中村 真一郎/遠隔感応] より 詳細

梳(くしけず)ったような細い雨の足が土堤から川水の上を平面にさっと掠っていた  
[田村 俊子/木乃伊の口紅] より 詳細

池の水の面には雨が描き出す小さな波紋が、音もなく夢のように数限りもなくちらちらと入り乱れていた。  
[相馬 泰三/六月] より 詳細

横なぐりの雨に打たれながら木々が苦しみもだえるような身ぶりをしている  
[堀 辰雄/かげろふの日記] より 詳細

窓ぎわの檞(かしわ)の葉の一つ一つが雨粒を受けて、発動機のヴァルブのように顫(ふる)えて  
[稲垣 足穂/弥勒] より 詳細

それほど激しい降りではないが、おそろしく執拗な性質を持った雨だった。前日の昼過ぎに降り始めてから一度も降り止んでいない。そろそろ降り止みそうかなと思ったところで、また思い出したように雨脚が強くなる。  
[村上 春樹/1Q84 BOOK 1] より 詳細

往来の雨水が皺になって流れている。その上を踏んで、お客が店に入ってくる。   風もなく、ただ雨が空からまっすぐ落下しているだけ  
病室の中も湿っていた。枕や本や机や、そこにあるすべてが湿り気を含んでいた。  
外では冷たい雨が降り始めている。ラジオの天気予報は、静かな雨が翌日の朝まで降り続くことを告げている。秋雨の前線が太平洋の沖合に腰を据えたまま動きを見せない。時を忘れて孤独な考えに耽る人のように。  
[村上 春樹/1Q84 BOOK 3] より 詳細

カーテンを引いた窓の外では密やかに雨が降っている。   雨の匂いが世界を包んでいる。  
その他の、気候・天気の文章表現・描写
雪崩・雪が滑り落ちる雪景色・銀世界霧・かすみ・もや
小雨・静かな雨・春の雨日差し・太陽光
雷の光・稲妻雨上がり・晴れ間がのぞく霜(しも)
霧雨(きりさめ)雨の音雨だれ・しずく・水滴
あられ・ひょう・氷雷の音・雷鳴雨模様・今にも降りそう
夜の雨大雨・土砂降り・豪雨雷雨・雷を伴った雨
雨に濡れる・傘に当たる雨宿り木漏れ日
曇り空・曇天露(つゆ)晴天・快晴・いい天気
夕立・にわか雨・通り雨窓ガラスの雨吹雪・暴風雪
雨の景色、視界異常気象嵐・台風・暴風雨
カテゴリ検索 単語の意味
風景表現 大カテゴリ
気候・天気気温地上・陸地
植物水面・水中空・中空
道・道路
室内の小物室内の雰囲気設備(人工物)
家・建物施設乗り物
スポーツ職業・仕事娯楽
動物昆虫・虫現象・事態
時間帯・朝・昼・夜
気持ちの描写
感情表現インフォ
おいしさの描写
食べ物表現インフォ
体のパーツの描写
人物表現インフォ
五感で感じる描写
感覚表現インフォ
情景の描写
風景表現インフォ
比喩表現だけを取り出す 単語の意味とその単語が使われた文章
カテゴリ別 表現の言葉辞典