田舎(いなか)の表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 風景表現 > 地上・陸地 > 田舎(いなか)


カテゴリ検索 単語の意味
田舎(いなか)の表現・描写・類語
猿と人とが半々に住んでるような
夏目 漱石 / 坊っちゃん amazon
詩のような春の里
夏目 漱石 / 草枕 amazon
国道沿いの明かりがぎりぎり届くところにアパートは位置していて
羽田 圭介「ミート・ザ・ビート (文春文庫)」に収録 amazon
まるで時なんて流れていないかのように、いつまでも昔とおなじ風景。
綿矢 りさ / 自然に、とてもスムーズに「しょうがの味は熱い (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ変わらない風景
どっちを向いても山ばかり
夢野久作 / ドグラ・マグラ 青空文庫
日本的昭和的ど田舎
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon
どれもが似たような田舎の風景
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon
見渡す限り人家のない僻地
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon
田畑に唐突に置かれた積み木みたいな、小さな踏切。
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon関連カテ踏切
三階以上ある建物なんて学校しかなかった
村田 沙耶香「しろいろの街の、その骨の体温の」に収録 amazon
類似・関連の強い・参考になる表現
単調な風景変わらない風景
同じカテゴリの表現一覧
地上・陸地 の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分