思い出・思い出に浸るの表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 人物表現 > 記憶 > 思い出・思い出に浸る


カテゴリ検索 単語の意味
思い出・思い出に浸るの表現・描写・類語
関係が純然たる過去になって詩のように心に残る
志賀直哉 / 濁った頭「志賀直哉小説選〈1〉」に収録 amazon
思い出が絵巻物のように繰り拡げられる
梶井 基次郎 / 檸檬・冬の日―他九篇 (岩波文庫 amazon
甘美な思い出が胸を感傷的に満たす
藤枝 静男 / 或る年の冬 或る年の夏 amazon
過去が華々しいロマンスのいくつかで飾られる
瀬戸内 寂聴 / 愛すること―出家する前のわたし amazon
真珠のように小さな記憶の粒
小川 洋子 / 余白の愛 amazon
青春の日々が不知火のように浮かんでは揺れる
飯田 栄彦 / 昔、そこに森があった amazon
河口湖で過ごした二日間の思い出は、月曜日になってみればもう触れられない位置でからころと切ない音を鳴らす。
朝井 リョウ / 燃えるスカートのあの子「もういちど生まれる (幻冬舎文庫)」に収録 amazon
またもう一度行ってみたいと思う、心にふれる街であった。
石井 好子「東京の空の下オムレツのにおいは流れる (河出文庫)」に収録 amazon
思い出を曇らせる雲翳うんえい
梶井基次郎 / 橡の花――或る私信―― 青空文庫関連カテざんげ・反省・後悔
同じカテゴリの表現一覧
記憶 の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分