考える・頭を回転させるの表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 人物表現 > 思考・頭の中の状態 > 考える・頭を回転させる


カテゴリ検索 単語の意味
考える・頭を回転させるの表現・描写・類語
頭が遠心分離器にかけられたみたいに旋回している
大庭 みな子 / 大庭みな子全集 第2巻 amazon
若い頭脳が、機械のように正確に動作する
柴田 翔 / されどわれらが日々― amazon
(風呂の中で音楽を聴きながら考える)意識の半分を空っぽにして休ませ、残りの半分で考え事をした。そしてダヴィッド・オイストラフの演奏するシベリウスの音楽は、主にその空っぽの領域を通り過ぎていった。そよ風のように広く開け放たれた入り口から入り、広く開け放たれた出口から出ていった。音楽の聴き方としてはあまりほめられたものではないかもしれない。(略)音楽を右から左に聴き流しながら、意識の空っぽではない方の半分でとりとめもなく思考を巡らせた。そういうとき、彼は対象を限定することなくものを考えるのが好きだった。犬たちを広大な野原に放つように、意識を自由に駆けめぐらせるのだ。どこでも好きなところに行って、なんでも好きなことをしてくればいいと彼らに言って、あとは放っておく。彼自身は首まで湯につかり、目を細め、音楽を聴くともなく聴きながらぼんやりとしている。犬たちがあてもなくはねまわり、坂道を転げまわり、飽きることなく互いを追いかけ合い、リスをみつけて無益な追跡をし、泥だらけになり草だらけになり、遊び疲れて戻ってくると、牛河はその頭を撫で、また首輪をつける。その頃には音楽も終わっている。
村上 春樹 / 1Q84 BOOK 3 amazon関連カテ頭を空にする・考えない聴く・耳を傾ける
、頭をくるくると働かせた。
中島 京子「小さいおうち (文春文庫)」に収録 amazon
からっぽの頭の底をこするようにして質問をひねり出した。
中島 京子「小さいおうち (文春文庫)」に収録 amazon
「さて、どうしてやろうか」響野が顎を触る。
伊坂 幸太郎「陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)」に収録 amazon関連カテ自信がある・自信を深めるあごを触る
脳みそが熱くなってきて
綿矢 りさ / かわいそうだね?「かわいそうだね? (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ思い悩む・頭を悩ませる
熟考するような顔
宮本百合子 / 伸子 青空文庫
風人の透明な声が、頭の中をぐるぐると駆け巡る。
朝井 リョウ / ひーちゃんは線香花火「もういちど生まれる (幻冬舎文庫)」に収録 amazon
推理作家らしく、いろいろに考えはじめる。
池波 正太郎「食卓の情景 (新潮文庫)」に収録 amazon関連カテ推理
黙って考えている
岡本かの子 / 母子叙情 青空文庫関連カテ黙る・沈黙
同じカテゴリの表現一覧
思考・頭の中の状態 の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分