TOP > 風景表現 > 空・中空 > 流れ星・彗星


カテゴリ検索 単語の意味
流星が長い光の糸を曳いて、虚空をななめに堕ちていく
光瀬 龍 / 百億の昼と千億の夜 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
流れ星・彗星
しおりに登録する
虚空(こくう)・・・1.何も存在しない空間。
2.1が転じて、大空。
3.数の単位のひとつ。六徳(りっとく)の10分の1。
流星(りゅうせい・ながれぼし)・・・突然空に現れて光りながら落下する天体のかけら。引力によって地球にひきつけられ、大気圏内で大気と摩擦し発光したもの。流れ星。
no data
流れ星・彗星の表現・描写・類語(空・中空のカテゴリ)の一覧 ランダム5
(彗星)熱くて重い塊
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon
青く輝く彗星の尾が夜空の半球にわたってたなびく
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon
青く光る彗星の尾
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon
このカテゴリを全部見る
「空・中空」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
空・中空 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分