TOP > 暮らしの表現 > 事件・事故 > 火事


カテゴリ検索 単語の意味
炎が、生きているように黄金色に光りながら家をのむ
中上 健次 / 枯木灘 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
火事
しおりに登録する
no data
火事の表現・描写・類語(事件・事故のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「事件・事故」カテゴリからランダム5
(多めのヘロインを打たれて)皮膚が震えて針が離れた瞬間、もうヘロインは指の先まで駆け巡り、鈍い衝撃が心臓に伝わってきた。視界に白い霧のようなものがかかり(略)息を吸いたいが呼吸のリズムが変わっていてうまくできない。殴られたように頭が痺れていて口の中が焼ける程乾いている。(略)カラカラになった歯茎から少しだけ滲み出た唾液を呑み込むと、足先から駆け昇るように吐き気が込み上げて、呻きながらベッドに倒れた。(略)枕に顔を埋める。喉の奥は乾いているのにひっきりなしに唾液が唇から溢れ、それを舌ですくうたびに猛烈な吐気が下腹に襲ってくる。思いきり息をしてもほんの少ししか空気は入ってこない。それも口や鼻からではなく胸に小さな穴があってそこから漏れ込むような感じだ。腰は動けない程痺れている。締めつけられるような痛みが時々心臓を刺す。顳顬(こめかみ)で脹れた血管が思い出すようにヒクヒク震える。目を閉じるとものすごいスピードで生暖い渦の中に引き込まれるような恐怖を感じる。からだ中をヌルヌルと愛撫されて、ハンバーグに乗せられたチーズみたいに溶けていくようだ。試験管の中の水と油塊のように、からだの中で冷えきっている部分と熱をもったところが分離して動き回っている。頭や喉や心臓や性器の中で熱が移動している。
村上 龍 / 限りなく透明に近いブルー amazon
あちこちに飛び火する炎を、ひとつひとつ水で塗り消していく。
三浦 しをん「神去なあなあ日常 (徳間文庫)」に収録 amazon
「火・煙・灰」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
事件・事故 の表現の一覧 
火・煙・灰 の表現の一覧 
暮らしの表現 大カテゴリ
表現の大区分