TOP > 風景表現 > 空・中空 >


カテゴリ検索 単語の意味
月は高く明るく、星をかき消して夜空を渡ってゆく。満月だった。
吉本 ばなな / 満月 キッチン2「キッチン (角川文庫)」に収録 ページ位置:82% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
しおりに登録する
満月(まんげつ)・・・月が地球から見て、太陽と正反対の方向にある瞬間。また、このときに月の前面がまんまるに輝いて見える現象。もしくは、このときの月の形。望(ぼう)。望月(ぼうげつ・もちづき)。盈月(えいげつ)。十五夜の月。⇔ 新月(しんげつ)。
夜空(よぞら)・・・夜の空。
......冴えた。暗い車内で窓に向かって体を起こしてすわり直すと、運転手が、「空いてたんで速かったねえ、もうすぐ着くよ。」 と言った。 私はええ、と言って空を見上げた。 月は高く明るく、星をかき消して夜空を渡ってゆく。満月だった。雲にかくれ、さらりとまた姿を現す。車の中は暑く、息でガラスが曇った。木々や畑や山々のシルエットが切り絵のようにゆき過ぎる。トラックが時折すごい音で追い越してゆき......
月の表現・描写・類語(空・中空のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「空・中空」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
空・中空 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分