TOP > 感情表現 > 恐怖・不安

TOP > 感覚表現 > 光と影 > シルエット・影絵

TOP > 感覚表現 > 光と影 > 夜(闇)が怖い

TOP > 風景表現 > 時間帯(朝・昼・夜) >

TOP > 風景表現 > 地上・陸地 >


カテゴリ検索 単語の意味
昼間は金毛の兎が遊んでいるように見える谿たに向こうの枯萱山かれかややまが、夜になると黒ぐろとした畏怖いふに変わった。昼間気のつかなかった樹木が異形いぎょうな姿を空に現わした。
梶井基次郎 / 闇の絵巻 ページ位置:19% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
夜(闇)が怖い シルエット・影絵
しおりに登録する
姿・形・容・態・躰・體・軆・骵(すがた)・・・1.身体の形。からだつき。人のからだの格好。衣服をつけた外見のようす。
2.身なり。容姿。
3.目に見える、人の形。人の存在。
4.物の、それ自体の形。物一つ一つの全体的な印象。
5.物事のありさまや状態。事の内容を示す様相。
以下の文字は訓読みで、「すがた」と読める。
[形・容・態・躰・軆・體・骵]
(うさぎ)・・・ウサギ科の哺乳動物。小形で、耳と後ろ足が長くてよく跳ねる。日本でよく飼われている白色在来種は目が赤い。繁殖力が強い。歴史的に人間との関わりが深く、世界各地の伝承に登場する。
畏怖(いふ)・・・恐れおののくこと。常人を超える力を感じて、不安になること。「畏」は訓読みで「おそ(れる)」「かしこ(まる)」と読める。
......てしまった――今は巨大な闇と一如いちにょになってしまった――それがこの感情なのだろうか。  私はながい間ある山間の療養地に暮らしていた。私はそこで闇を愛することを覚えた。昼間は金毛の兎が遊んでいるように見える谿たに向こうの枯萱山かれかややまが、夜になると黒ぐろとした畏怖いふに変わった。昼間気のつかなかった樹木が異形いぎょうな姿を空に現わした。夜の外出には提灯ちょうちんを持ってゆかなければならない。月夜というものは提灯のらない夜ということを意味するのだ。――こうした発見は都会から不意に山間へ行ったものの闇を知......
夜(闇)が怖いの表現・描写・類語(恐怖・不安のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
シルエット・影絵の表現・描写・類語(光と影のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
夜の表現・描写・類語(時間帯(朝・昼・夜)のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
山の表現・描写・類語(地上・陸地のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「地上・陸地」カテゴリからランダム5
「時間帯(朝・昼・夜)」カテゴリからランダム5
「光と影」カテゴリからランダム5
「恐怖・不安」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
地上・陸地 の表現の一覧 
時間帯(朝・昼・夜) の表現の一覧 
光と影 の表現の一覧 
恐怖・不安 の表現の一覧 
恐怖・不安のレベル
少し怖い
とても怖い
多くの感情は極限に達すると泣くにつながる
恐怖・不安の感覚、精神的な反応
恐怖・不安の表情、リアクション
その他の恐怖・不安の表現
次の文字を含む「恐怖・不安」の表現を検索
    戦慄  恐怖  恐怖に  不安が  不安  愛情  不安に  不安な  
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分