TOP > 食べ物表現 > 山菜 > うど


カテゴリ検索 単語の意味
タラの目ほどのコクと香りはないが、野趣に富んだ風味はそれなりに美味
たらのめほどのこくとかおりはないが、やしゅにとんだふうみはそれなりにびみ
この表現が分類されたカテゴリ
うど
しおりに登録する
コク・コク味(こくみ)・・・濃い深い味わい。いくつかの素材が合わさることで生まれる、味の重なり。味が深く濃くてそれがおいしさにつながっていること。
野趣(やしゅ)・・・自然のままの、工夫もなく荒削りだが、素朴であって独特のいい感じ。いかにも田舎っぽい味わい。 野性味が溢れる感じ。大自然を連想させるような。ワイルド。
鱈・大口魚(たら)・・・タラ科の海魚。鱗(うろこ)は細かく、腹は白く膨れている。大きな口を開けて他の生物を捕食することから「大口魚(たいこうぎょ)」と呼ばれる。当て字で「たら」と読むこともある。身や卵は食用。また、肝臓からは肝油をとる。身が雪のように白いため「鱈」の字に「雪」の字を含めたとされる。
no data
うどの味、おいしさを伝える表現・描写(山菜のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「山菜」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
山菜 の味・おいしさの表現の一覧 
食べ物表現 大カテゴリ
表現の大区分