TOP > 風景表現 > 天災・荒れた天気 > 嵐・台風・暴風雨

TOP > 風景表現 > 天災・荒れた天気 > 停電


カテゴリ検索 単語の意味
朝からざわざわと前ぶれの気味わるい風が吹いていたが、午後からは吹きぶりの嵐となって停電になった。
石井 好子「東京の空の下オムレツのにおいは流れる (河出文庫)」に収録 ページ位置:81% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
嵐・台風・暴風雨 停電
しおりに登録する
......よいほど嵐がくる。 その年は、せっかく長い夏休みをとったのに、連日雨が降り、肌寒く夏休みの気分ではなかった。その上、このときは長野県が、大型台風の通路になった。朝からざわざわと前ぶれの気味わるい風が吹いていたが、午後からは吹きぶりの嵐となって停電になった。 翌朝は大木があちこち、というより、ところかまわず倒れていた。ゴルフ場など、千本以上も木が倒れ、数日間は閉鎖する有様だった。 停電の上に断水となった。「どうしよ......
嵐・台風・暴風雨の表現・描写・類語(天災・荒れた天気のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
停電の表現・描写・類語(天災・荒れた天気のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「天災・荒れた天気」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
天災・荒れた天気 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分