TOP > 人物表現 > 男性・女性 > 魔性の女


カテゴリ検索 単語の意味
葉子の目にはすべての人が、ことに男が底の底まで見すかせるようだった。葉子はそれまで多くの男をかなり近くまでもぐり込ませて置いて、もう一歩という所で突っぱなした。恋の始めにはいつでも女性が祭り上げられていて、ある機会を絶頂に男性が突然女性を踏みにじるという事を直覚のように知っていた葉子は、どの男に対しても、自分との関係の絶頂がどこにあるかを見ぬいていて、そこに来かかると情け容赦もなくその男を振り捨ててしまった。
有島武郎 / 或る女(前編) ページ位置:3% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
魔性の女
しおりに登録する
......は趣味の高いそして意志の弱い良人おっとを全く無視して振る舞ったその母の最も深い隠れた弱点を、拇指ぼし食指しょくしとのあいだにちゃんと押えて、一歩もひけを取らなかったのも彼女である。葉子の目にはすべての人が、ことに男が底の底まで見すかせるようだった。葉子はそれまで多くの男をかなり近くまでもぐり込ませて置いて、もう一歩という所で突っぱなした。恋の始めにはいつでも女性が祭り上げられていて、ある機会を絶頂に男性が突然女性を踏みにじるという事を直覚のように知っていた葉子は、どの男に対しても、自分との関係の絶頂がどこにあるかを見ぬいていて、そこに来かかると情け容赦もなくその男を振り捨ててしまった。そうして捨てられた多くの男は、葉子を恨むよりも自分たちの獣性を恥じるように見えた。そして彼らは等しく葉子を見誤っていた事を悔いるように見えた。なぜというと、彼ら......
魔性の女の表現・描写・類語(男性・女性のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「男性・女性」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
男性・女性 の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分