TOP > 暮らしの表現 > 事件・事故 > 火事


カテゴリ検索 単語の意味
煙は勢いよくなったかと思うと少し収まりというのをくりかえしていた。人々は大声で何かを叫んだり命令したりしていた。ぱたぱたと大きな音をたてて新聞社のヘリコプターがやってきて写真を撮って帰っていった。
村上春樹 / ノルウェイの森 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
火事
しおりに登録する
叫ぶ・号ぶ(さけぶ)・・・1.何かを訴えるために、大きな声を出す。大声を発する。大声で言う。
2.世間に向かって強く主張する。強く訴える。
大声(おおごえ・たいせい)・・・1.(「おおごえ」「たいせい」と読んで)大きな声。 ⇔ 小声(こごえ)。
2.(たいせいと読んで)高尚な音楽。上品な音律。
3.(たいせいと読んで)偉大な道理を含んだ言葉。
no data
火事の表現・描写・類語(事件・事故のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「事件・事故」カテゴリからランダム5
「火・煙・灰」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
事件・事故 の表現の一覧 
火・煙・灰 の表現の一覧 
暮らしの表現 大カテゴリ
表現の大区分