TOP > 暮らしの表現 > 乗り物 > 電車・汽車

TOP > 風景表現 > 室内のようす > 扉(門・窓)がひらく・閉じる


カテゴリ検索 単語の意味
(新幹線の)二号車の扉が開いた。威勢の良い溜め息とでもいうような、噴射音が響く。
伊坂 幸太郎 / マリアビートル ページ位置:51% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
電車・汽車 扉(門・窓)がひらく・閉じる
しおりに登録する
溜め息・溜息・ため息(ためいき)・・・気苦労や失望、また、感動したときや緊張がとけたときに、思わず出る大きな息。大息(おおいき・たいそく)。長息(ちょうそく)。
......奔流が止んだ途端、気持ちが切り替わった。頭の中の濁りが消え、思考や逡巡もなく、体が動く。先ほどとは打って変わり、視界が広くなる。 後ろへ向かっていく七尾の前で、二号車の扉が開いた。威勢の良い溜め息とでもいうような、噴射音が響く。座席がすべて進行方向を、七尾の入ってきたほうを向いている。 通路を進んだ。 右側、二人掛けの座席の中に眠っている男が見えた。髪や眉毛に白髪のまじった中年の男だが......
電車・汽車の表現・描写・類語(乗り物のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
扉(門・窓)がひらく・閉じるの表現・描写・類語(室内のようすのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「乗り物」カテゴリからランダム5
「室内のようす」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
乗り物 の表現の一覧 
室内のようす の表現の一覧 
暮らしの表現 大カテゴリ
表現の大区分