TOP > 人物表現 > 思考・頭の中の状態 > 違和感・しっくりしない

TOP > 人物表現 > 動作・仕草・クセ > 靴を履く

TOP > 感覚表現 > 刺激 > 痛さ・痛い感覚


カテゴリ検索 単語の意味
(足の)痛みはさして激しくはなかったけれど、まるで体が幾つかの別の部分に分断されてしまったような異和感を僕に与えつづけていた。
村上 春樹 / 1973年のピンボール ページ位置:4% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
違和感・しっくりしない 靴を履く 痛さ・痛い感覚
しおりに登録する
(からだ)・・・頭・胴・手足など、肉体全体をまとめていう言葉。頭からつま先までの肉体の全部。身体。体躯。五体。健康。体力。
足・脚・肢(あし)・・・1.動物の胴体の下から左右に分かれて伸びている部分で、歩いたり体を支えるのに用いる部位。とくに、足首から下の部分をさすこともある。
2.台を支える棒状の部分。物の本体を支える、突き出た部分。また、地面に接する部分や、物の下や末端部分。「テーブルの足」
3.歩くこと。走ること。また、その能力。「足が速い選手」
4.行くこと。また、来ること。また、そうするための手段や乗り物。「客の足がとだえる」「足の便がいい」
5. 餅(もち)などの粘り。こし。
6.損失。欠損。借金。また、旅費。
7.その他、足の形や動きから連想されできた表現として、
・食べ物の腐りぐあいや、商品の売れ行き。「足がはやい」
・(脚)漢字を構成する部分で、上下の組み合わせからなる漢字の下側の部分。「照」の「灬(れっか)」、「志」の「心(したごころ)」など。
・雨や雲、風などの動くようす。「細い雨の足」
・(足)過去の相場の動きぐあい。
......。 僕はネクタイをゆるめ、煙草を口の端にくわえたまま、まだ足にうまく馴染まない皮靴の底をコンクリートの床にゴシゴシとこすりつけてみた。足の痛みを和らげるためだ。痛みはさして激しくはなかったけれど、まるで体が幾つかの別の部分に分断されてしまったような異和感を僕に与えつづけていた。 犬の姿は見えなかった。 異和感……。 そういった異和感を僕はしばしば感じる。断片が混じりあってしまった二種類のパズルを同時に組み立てているような気分だ。とにか......
違和感・しっくりしないの表現・描写・類語(思考・頭の中の状態のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
靴を履くの表現・描写・類語(動作・仕草・クセのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
痛さの表現・描写・類語(刺激のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「刺激」カテゴリからランダム5
「動作・仕草・クセ」カテゴリからランダム5
「思考・頭の中の状態」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
刺激 の表現の一覧 
動作・仕草・クセ の表現の一覧 
思考・頭の中の状態 の表現の一覧 
感覚表現 大カテゴリ
表現の大区分