TOP > 感情表現 > 悲しみ

TOP > 感情表現 > 寂しい・喪失感


カテゴリ検索 単語の意味
ふと侘しい気持ちがしてくる
ふとわびしいきもちがしてくる
この表現が分類されたカテゴリ
突然感じる悲しみ 寂しい 突然さびしさを感じる
しおりに登録する
侘しい(わびしい)・・・1.心細いくて不安である。寂しくて心が満たされていない。
2.見た目が貧弱である。外見がしょぼい。
no data
突然感じる悲しいの表現・描写・類語(悲しみのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
寂しいの表現・描写・類語(寂しい・喪失感のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
突然さびしさを感じるの表現・描写・類語(寂しい・喪失感のカテゴリ)の一覧 ランダム5
もうそろそろ寝ようと思いながらマニキュアを塗っていたら、突然、津波のように淋しさが襲ってきた。  もう会えない、ここで一緒に暮らせない。  言葉ではさっきからわかっていた、何でそんな簡単なことが実感できなかったんだろう、と自問してみたら、ひとりきりになってなかったからだ、と気づいた。  今はじめてこの夜の中、ひとりになってみてこの家の雰囲気ががらりと違ってきていたのがわかった。それは父が死んだ夜や、母が離婚してはじめての夜や、真由が家を出た日の夜に似ていた。  荒れて、ひんやりした感じ。  不在の、こころもとない感じ。  別れの、絶対的な孤独の感じ。  気が抜けて、この空間の不自然な沈黙の意味に気づく。空気が、別れの気配を吸い取って静かによどんでいる。昨日まで、この時間には同じ屋根のしたで眠っていた人が、多分永久にその暮らしに戻ることはない。  どんなに言葉で言おうとしても、その圧倒的によせてくる淋しさの力にはかなわなかった。  部屋中に、まだ純子さんの気配があった。  ありとあらゆる思い出のエネルギーがこの家を、まるで本人のように去るまでずいぶん時間がかかるだろう。
吉本 ばなな「アムリタ(下) (新潮文庫)」に収録 amazon関連カテ出会いと別れ突然さびしさを感じる孤独・一人ぼっち
このカテゴリを全部見る
「寂しい・喪失感」カテゴリからランダム5
「悲しみ」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
寂しい・喪失感 の表現の一覧 
寂しい・喪失感のレベル
少しさびしい
とてもさびしい
多くの感情は極限に達すると泣くにつながる
寂しい・喪失感の感覚、精神的な反応
寂しい・喪失感の表情、リアクション
その他の寂しい・喪失感の表現
次の文字を含む「寂しい・喪失感」の表現を検索
寂しい  哀愁        
悲しみ の表現の一覧 
悲しみのレベル
少し悲しい
とても悲しい
多くの感情は極限に達すると泣くにつながる
悲しみの感覚、精神的な反応
悲しみの表情、リアクション
その他の悲しみの表現
次の文字を含む「悲しみ」の表現を検索
悲しさが  悲しみを  悲しくて  悲しさ  悲しい    哀感    寂しさが  寂しさ  
感情表現 大カテゴリ
表現の大区分