TOP > 食べ物表現 > 料理(その他) > 朝食

TOP > 暮らしの表現 > 暮らし・生活 > だらだら暮らす


カテゴリ検索 単語の意味
ロシアの貴族のように(午後二時頃の朝餐ちょうさん)が生活の習慣になっていた
梶井基次郎 / 冬の日 ページ位置:37% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
朝食 だらだら暮らす
しおりに登録する
貴族(きぞく)・・・1.生まれや育ちがよく、お金もあるため、生活のための労働から解放された人たち。社会的な特権を世襲している上流階級に属する人たち。また、そういう階級。
2.(比喩的に)ある特権をもつ人。「独身貴族」「労働貴族」
「貴」は「身分や家柄などが高いこと」をあらわす字。
......望を持てないものが、どうして追憶をいつくしむことができよう。未来に今朝のような明るさを覚えたことが近頃の自分にあるだろうか。そして今朝の思いつきもなんのことはない、ロシアの貴族のように(午後二時頃の朝餐ちょうさん)が生活の習慣になっていたということのいい証拠ではないか。――  彼はまた長い坂を下りて郵便局へ行った。 「今朝の葉書のこと、考えが変わってやめることにしたから、お願いしたことご中止ください......
朝食の味、おいしさを伝える表現・描写(料理(その他)のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
だらだら暮らすの表現・描写・類語(暮らし・生活のカテゴリ)の一覧 ランダム5
真空の時間の中に、わたしはかいこのように閉じこもっている。
小川 洋子 / ドミトリイ「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
このカテゴリを全部見る
「料理(その他)」カテゴリからランダム5
「暮らし・生活」カテゴリからランダム5
一枚の布を織り上げるようにしてきた二人の生活
鷺沢 萠 / 大統領のクリスマス・ツリー amazon
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
料理(その他) の味・おいしさの表現の一覧 
暮らし・生活 の表現の一覧 
食べ物表現 大カテゴリ
表現の大区分