TOP > 人物表現 > 記憶 > 耳に残る・音声を覚えている


カテゴリ検索 単語の意味
母の言葉が油みたいに膜になってうすく私の全身に広がっていく。
綿矢 りさ / 勝手にふるえてろ ページ位置:93% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
耳に残る・音声を覚えている
しおりに登録する
...... 母はのんびりした口調で言ったけれど、いまの言葉を父は同じ部屋で聞いているわけで、なんだか私のほうが恥ずかしくなってしまって、それじゃ、と言って電話を切った。 母の言葉が油みたいに膜になってうすく私の全身に広がっていく。さっきまで耳をくっつけていてまだあたたかい携帯にニの電話番号を打ちこむ。 なんとなく、なんて思えない。波に乗るような自然な流れで恋愛が結婚に行き着くのはあこがれ......
耳に残る・音声を覚えているの表現・描写・類語(記憶のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「記憶」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
記憶 の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分