TOP > 感覚表現 > 光と影 > シルエット・影絵


カテゴリ検索 単語の意味
暗闇の牛みたいに、のっそり、人影が動いた。
吉川英治 / 雲霧閻魔帳 ページ位置:8% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
シルエット・影絵
しおりに登録する
(うし)・・・ウシ科の哺乳動物の総称。古来より、耕作などの労働力としても使われる重要な家畜。体は頑丈で頭に二本の角を持ち、尾は細い。草などを食い反芻(はんすう)する。和牛は黒色のものが多く、朝鮮牛は赤褐色で小形。肉・乳は食用、皮・骨・角などでもさまざま作られる。
暗闇(くらやみ)・・・1.暗い闇。光がなくて見えない状態。また、そういう場所。
2.人目につかない場所。人の知らない場所。
3.1が転じて、希望がもてないこと。見通しが立たず将来に不安を感じている状態。
......あははは。これで死にゃ、人間も、世話アねえ」  自嘲の歯をいて、からからと、独りで肩をゆすぶっていると、牢鞘ろうざやの外で、 「おい、雲霧」  と、誰か低く呼ぶ者がある。  暗闇の牛みたいに、のっそり、人影が動いた。雲霧は――ははあ、もう牢番の交代時刻か――卯平うへいがやって来たな、と直感した。 「何を、思い出してるのだ。――もう明後日あさっては本牢へ送られ、この月の内にゃ小塚ッ原で、胴と......
シルエット・影絵の表現・描写・類語(光と影のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「光と影」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
光と影 の表現の一覧 
感覚表現 大カテゴリ
表現の大区分