TOP > 風景表現 > 雨・霧 > 大雨・土砂降り・豪雨

TOP > 暮らしの表現 > 道具・家具 >


カテゴリ検索 単語の意味
日傘など、何の役にも立たなかった。
宮本百合子 / 伸子 ページ位置:74% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
大雨・土砂降り・豪雨
しおりに登録する
......がひろく閃く。伸子はぞっとした。 「この方が早く歩けていい」  佃は伸子の腕を自分の腕にかけさせた。 「もうじきだから、大丸で雨やどりして行きましょうね」  伸子の紅い日傘など、何の役にも立たなかった。透綾すきやの着物が肌まで濡れ徹った。水を吸い込んだ草履が重くふやけ、ビシャッ、ビシャッと、伸子の足の下で泥を跳ね上げた。 「やまなくてよ、これは――雲がどこも切れていな......
大雨・土砂降り・豪雨の表現・描写・類語(雨・霧のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
傘の表現・描写・類語(道具・家具のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「雨・霧」カテゴリからランダム5
「道具・家具」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
雨・霧 の表現の一覧 
道具・家具 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分