TOP > 暮らしの表現 > スポーツ > マラソン

TOP > 人物表現 > 歩く・歩き方 > 走る・駆け回る


カテゴリ検索 単語の意味
アスファルトの緩い上り坂から橋へと地面が切り替わったとき、それまで右膝ばかりに感じていた重力による苦痛はだいぶ軽減したと、マサルは実感した。《…略…》あらゆる舗装路は水捌けが考慮され、中央部に盛り上がりをもたせ両端は低くしてある。左端を走れば、中央山側に振り下ろす右足にどうしても体重が大きくかかる。
羽田 圭介 / 一丁目一番地「ミート・ザ・ビート (文春文庫)」に収録 ページ位置:0% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
マラソン 走る・駆け回る
しおりに登録する
前後の文章を含んだ引用
一丁目一番地 アスファルトの緩い上り坂から橋へと地面が切り替わったとき、それまで右膝ばかりに感じていた重力による苦痛はだいぶ軽減したと、マサルは実感した。橋に入る手前数十メートルより続いていた過度に狭く暗かった道から一気に視界が開け、水銀灯に照らされた歩行者通行路の真ん中を彼は走る。タイル貼りの地面はアスファルト......<中略>......るものではないとマサルは自負している。 街道沿いに、その後出くわしたいくつかの信号機を普通に渡ったり、無視を決めこんだりしながら歩道の左側をマサルは走り続けた。あらゆる舗装路は水捌けが考慮され、中央部に盛り上がりをもたせ両端は低くしてある。左端を走れば、中央山側に振り下ろす右足にどうしても体重が大きくかかる。また段々と、右膝にうっすらとした痛みを感じるようで、ミニバンが通り過ぎるのを待ちマサルは車道の反対側に渡った。どちらにせよもうすぐある交差点を右折するのだから、進行方向右側、こちらの歩道を走るほうが都合がよい。だが渡ってみてマサルは気づいたが、道路の右側に移ったとはいえ歩道の左側を今も走ってしまっており、......
ここに意味を表示
マラソンの表現・描写・類語(スポーツのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
走る・駆け回るの表現・描写・類語(歩く・歩き方のカテゴリ)の一覧 ランダム5
風の中を走ってゆく。
林芙美子 / 新版 放浪記
弾丸のように走りはじめた。
檀一雄 / 花筐「花筐・光る道 他四編」に収録 amazon
このカテゴリを全部見る
「歩く・歩き方」カテゴリからランダム5
獣のように跫音あしおとを忍ばせながら
遠藤周作「沈黙(新潮文庫)」に収録 amazon
「スポーツ」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
歩く・歩き方 の表現の一覧 
スポーツ の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分