TOP > 人物表現 > 記憶 > 耳に残る・音声を覚えている


カテゴリ検索 単語の意味
声が耳朶に残った。
松本 清張「点と線 (新潮文庫)」に収録 ページ位置:24% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
耳に残る・音声を覚えている
しおりに登録する
耳朶・耳埵(みみたぶ・みみたぼ)・・・1.耳の一部。耳の下のほうに垂れ下がった、柔らかいふくらみの部分。
2.(1の肉付きがいいのは福の相という俗説から)幸運なこと。
......ただけでも、収穫であった。 その店から外へ出ると、すっかり夜になっていた。3 鳥飼重太郎は、会社員が聞いたという言葉が、あたかも直接に自分が聞いたことのように、声が耳朶に残った。 この短い言葉から三つの要素が分かる。東京弁らしい調子の標準語だから、土地の者ではない。福岡県はじめ九州一帯はこんな言い方はしない。博多弁に例をとれば、〈たいそ......
耳に残る・音声を覚えているの表現・描写・類語(記憶のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「記憶」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
記憶 の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分