TOP > 風景表現 > 雨・霧 > 雨だれ・しずく・水滴


カテゴリ検索 単語の意味
しずくはそのしみの真ん中あたりから、ゆっくりしたリズムでこぼれ落ちていた。
小川 洋子 / ドミトリイ「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 ページ位置:91% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
雨だれ・しずく・水滴
しおりに登録する
......いつの間にかアメーバのようになって、頭の上に広がっていた。すさまじい成長ぶりだった。ただ単に面積が大きくなるだけでなく、立体的にいくらかの厚みを持っていたのだ。しずくはそのしみの真ん中あたりから、ゆっくりしたリズムでこぼれ落ちていた。「何だろう」 わたしはつぶやいた。雨のようにさらりとした液体ではないことは確かだった。もっと濃く粘りがあった。落ちたあともなかなかカーペットに吸い込まれず、いつ......
雨だれ・しずく・水滴の表現・描写・類語(雨・霧のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「雨・霧」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
雨・霧 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分