TOP > 感情表現 > 嫌い

TOP > 感覚表現 > 対立・敵対 > 復讐・仕返し・見返す


カテゴリ検索 単語の意味
胸に沸騰する狂おしい復讐の一念を圧伏していることが出来なくなった。
横光利一 / 日輪 ページ位置:75% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
憎悪・憎しみ 復讐・仕返し・見返す
しおりに登録する
(むね)・・・1.体の前面で、首と腹との間の部分。また、その内側にある心臓や肺臓、胃などの内臓。
2.(胸に宿るとされている、)心。想い。心中。
3.乳房(ちぶさ)。おっぱい。
......へ行った。」  彼女の身体は毛皮の上に倒れていた。しかし、その時、またも彼女の怨恨は、涙の底から急に浮び上った仇敵きゅうてきの長羅に向って猛然と勃発した。最早や彼女は、その胸に沸騰する狂おしい復讐の一念を圧伏していることが出来なくなった。 「大兄を返せ、大兄を返せ。」  彼女は立ち上った。そうして、きりきりと歯をきしませながら、円木まろきの隙に刺された白鷺の尾羽根を次ぎ次ぎに引き脱いては捨てていった。しか......
「憎悪・憎しみ」の表現・描写・類語(嫌いのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
復讐・仕返し・見返すの表現・描写・類語(対立・敵対のカテゴリ)の一覧 ランダム5
(入院中の爺さんをお見舞いに来て爺さんに怒鳴られて)老婦人は顔を伏せてちぢこまっているが、別にしょんぼりしている様子でもない。四十年も五十年もこの調子でどなりつけられてきて、何も感じなくなっているのだろう。(略) (婆さんが言う)「すみませんねえ。うるさい、きたない年寄りで……」 テーブルの下の棚から、やっと「突き匙」が出てきたときには、吉田老は怒り過ぎたのか、いささかぐったりとしていた。姿勢をしゃんと正さず、半分起きた状態で果物を口に運ぶために、喉仏から鎖骨のあたりに果汁がぼたぼたこぼれ落ちる。婆さんはそれを見て、またしきりに〝きたない〟〝きたない〟と繰り返すのだった。 最初のうち、おれはこの老夫婦の会話をほほえましく聞いていたのだ。昔ながらの封建的だが駄々っ子のような亭主と忍従型の老妻とのやりとりとして。 誤算だった。 婆さんの顔は、押さえきれない喜びに輝いていた。 婆さんは、いまやじっくりと復讐を楽しんでいるのだった。愚鈍を装って、傲慢な夫の神経に、一本一本細い針を突き立てている。ののしられ、婢(はしため)あつかいされ続けたこの半世紀の間、婆さんはじっとこの日を待ち続けて耐えてきたのだろう。いまや、吉田老に残された武器は、どなり慣れた口だけだ。それも所詮は空砲だ。婆さんはいま、案山子の正体を知ったカラスになって、じわじわと一本足の吉田老に近づいていくのだった。
中島 らも / 今夜、すベてのバーで amazon関連カテ復讐・仕返し・見返す患者・病人・けが人夫婦
このカテゴリを全部見る
「胸に嫌悪感を覚える」の表現・描写・類語(対立・敵対のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「嫌い」カテゴリからランダム5
「対立・敵対」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
嫌い の表現の一覧 
嫌いのレベル
少し嫌い
とても嫌い
多くの感情は極限に達すると泣くにつながる
嫌いの感覚、精神的な反応
嫌いの表情、リアクション
その他の嫌いの表現
次の文字を含む「嫌い」の表現を検索
    
対立・敵対 の表現の一覧 
感情表現 大カテゴリ
表現の大区分