TOP > 風景表現 > 空・中空 >


カテゴリ検索 単語の意味
(ふたご座)小さな水晶すいしょうででもこさえたような二つのおみや
宮沢賢治 / 銀河鉄道の夜 ページ位置:76% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
しおりに登録する
水晶・水精(すいしょう)・・・クオーツ(Quartz)の和名。大きく結晶した石英(せきえい[=二酸化ケイ素が結晶してできた鉱物])のこと。普通は無色透明で、不純物が混ざると色が付く。硬度7。4月の誕生石。
......きげんなおっておもしろそうにわらって女の子に答えました。 「あれきっと双子ふたごのお星さまのおみやだよ」男の子がいきなりまどの外をさしてさけびました。  右手のひくおかの上に小さな水晶すいしょうででもこさえたような二つのおみやがならんで立っていました。 「双子ふたごのお星さまのおみやってなんだい」 「あたし前になんべんもおっかさんから聞いたわ。ちゃんと小さな水晶すいしょうのおみやで二つならんでいるからきっ......
星の表現・描写・類語(空・中空のカテゴリ)の一覧 ランダム5
星がきれいなのは、星に花が咲いているからだよ。
サン=テグジュペリ / 星の王子さま amazon
氷のかけらのような星
松谷 みよ子 / 赤ちゃんのお部屋「黒い蝶・うさぎのてぶくろ ほか (松谷みよ子全集)」に収録 amazon
星が切れるように冴えかえっていた。
黒島 伝治 / 渦巻ける烏の群 amazon
このカテゴリを全部見る
「空・中空」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
空・中空 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分